ネクス、三菱重工とPLCを用いてロボットの省配線化に成功

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


ネクス、三菱重工とPLCを用いてロボットの省配線化に成功


掲載日:2013/06/07


News

 株式会社ネクスは、三菱重工業株式会社(三菱重工)と電力線通信(Power-Line Communication:PLC)を用いてロボットの省配線化に成功し、実用化に着手したと発表した。

 今回の省配線化は、三菱重工が製作したロボットに、ネクスが開発した高速信号伝送デバイスを組み合わせ、更に、電力を伝送しながら外部雑音の影響や信号の歪みを抑制する新技術を両社共同で開発することにより可能にした。

 ファクトリー・オートメーションや災害収束支援などに用いられるロボットは、その先端にハンドやセンサ、カメラなどの各種工具が接続されているが、これらを遠隔操作するためには先端工具に必要な電力を供給するとともに、監視制御信号を伝送する必要があるという。そのため、アームの外側に配線する電力・信号線が太くなり、ロボット操作の妨げになっていた。

 今回、両社が開発した新しいPLCによる省配線化技術は、細い通信線1対で大電力供給と高速の信号伝送を両立させるもので、ロボットアームに太い電力・信号線を這わせることが不要になるため、ロボットの操作性を改善できるとしている。

 これまでも電力供給と情報伝送とを両立させる手段の1つに、イーサネット配線によるPoE(Power over Ethernet)があったが、小電力機器に限られた手段でロボットに使えなかった。また、市販のPLCでは大電力供給と劣悪環境下での高速信号伝送は両立しないという。

 今回の省配線化技術(共同特許出願中)は、ファクトリー・オートメーションやクルマ製造などの産業用ロボット分野のほか、災害収束支援など特殊ロボット分野などにも展開可能な技術であるという。省配線化により、複雑で狭い作業エリアでの組み立て作業などや、ノイジーで障害物の多い災害収束作業などにおいても、スムーズな作業ができると伝えている。



関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

キーマンズネットの新着情報を、お届けします

新着製品レポート

テストツール活用事例――年2回のリリースサイクルが月1回へ 【日本シノプシス】 実践から見えてきた、ワークスタイル変革に本当に必要なこと 【日立システムズ+他】 仮想デスクトップインフラ(VDI)のナゼ?困った!をプロが解説 【日商エレクトロニクス】 VDI成功の3条件を実現する「転ばぬ先のアセスメント」 【日商エレクトロニクス】 NTT西日本の大規模DaaS、レスポンス悪化の原因を10分で特定するVDI監視技術とは 【日商エレクトロニクス】
テストツール 無線LAN VDI VDI VDI
テストツール活用事例――年2回のリリースサイクルが月1回へ IT製品を買うだけで「ワークスタイル変革」が実現するのではない。しかし、働き方全体のデザインを考えると、おのずと必要なものが見えてくるという。その真意を取材した。 大規模VDIの導入は、ユーザーから「使いものにならない」といった不満が出やすい。問題は見積もりや設計にあるのか、あるいは……。プロがこっそり語る裏事情をレポート。 VDIサイジング”あるある” 導入を失敗しないための切り札とは NTT西日本の巨大DaaS基盤を支える運用監視技術に迫る
このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20047547



このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ