米ZL、日本ユニシスとのTier-1リセラー契約締結を発表

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


米ZL、日本ユニシスとのTier-1リセラー契約締結を発表


掲載日:2013/06/07


News

 米ZLテクノロジーズ社(ZL)は、日本ユニシスとのTier-1リセラー契約を含む戦略的パートナーシップを発表した。

 今回のパートナーシップに基づき、日本ユニシスはグローバル企業のユーザに対し、非構造化ビッグデータの課題を解決するソフトウェアである「ZL Unified Archive」(ZL UA)を活用したソリューションを提供する。また、同社は社内の既存アーカイブソリューションを「ZL UA」に置き換え、その導入実績をもとにユーザにも高度な導入支援とサービスを提供していく予定であるという。

 従来の“サイロ型”ポイントソリューションとは異なる「ZL UA」のアーキテクチャからなるユニファイド・システムにより、コンプライアンス、eディスカバリ、レコーズマネジメント(電子文書管理)、及びストレージマネジメントが1つのシステムで提供できるという。また単一コピーのみを保存し、単一の管理メニューによるルール設定、単一検索による一貫性のある検索ができるとしている。更に、「ZL」はプラットフォームに依存しないアーキテクチャであり、多数のデータタイプ、フォーマット、オペレーティングシステム、DB、そしてMicrosoft Exchange、Office 365、SharePoint、IBM Notes/Domino、Gmailなどのプラットフォームに対応している。

 日本ユニシスでは、「ZL UA」が様々なプラットフォームの混在環境において情報ガバナンスを行なえるソリューションであることから、非構造化ビッグデータの問題を解決できるユニファイド・ソリューションとして、様々な業種のユーザのニーズに対応できることを期待していると伝えている。

 ZLによると、日本のグローバル企業が価格カルテル、連邦海外腐敗行為防止法(FCPA)、特許、知的財産、リコール問題など、米国内において訴訟に巻き込まれる事案が増えており、これらへの対応は企業の競争力に直結するという。このような社会的背景からも非構造化ビッグデータの管理は必須条件となっており、日本ユニシスとZLとのパートナーシップは、これらの新たな課題に対応していくとしている。



関連キーワード

「ZLテクノロジーズ」関連の情報を、チョイスしてお届けします

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

キーマンズネットの新着情報を、お届けします

新着製品レポート

音声マイニングソリューション 「VextVoiceMiner」 【ベクスト】 ナレッジ共有型BIツール「Data Knowledge」 【クロスユーアイエス】 ハイブリットクラウド運用における課題…根本的解決を図るには? 【ネットワンシステムズ/日本CA】 Microsoft Exchange Online 【ソフトバンク コマース&サービス】 Office 365 Business 【ソフトバンク コマース&サービス】
データ分析ソリューション BI 統合運用管理 電子メール オフィスソフト
コンタクトセンタに蓄積された音声データを音声認識によってテキスト化し、テキスト化されたテキストデータをテキストマイニングによって分析・活用するソリューション。 簡単操作でDBからデータを抽出し、集計・加工・出力処理できる「全社員のデータ活用を実現するため」のBIツール。ナレッジ/情報共有機能など、現場で役立つ機能を搭載。 面倒なハイブリットクラウド運用…“根本的解決”の進め方とは? Microsoft Exchange Serverの機能をクラウドベースのサービスとして提供するホスト型のメッセージングソリューション。 常に最新のグループウェアサービスと最新のデスクトップアプリケーション(Microsoft Office)をセットで利用できる法人向けクラウドサービス。
このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20047540



このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ