シャープ、クラウドサービス対応デジタルフルカラー複合機を発売

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


シャープ、クラウドサービス対応デジタルフルカラー複合機を発売


掲載日:2013/06/06


News

 シャープ株式会社は、様々なデータの閲覧や共有を行なえるクラウドサービスに対応し、スマートフォンなどのモバイル端末との連携機能を搭載したデジタルフルカラー複合機4モデルを6月11日に発売する。

 今回発売されるのは、複写速度が毎分41枚(カラー/モノクロとも)の「MX-4140FN」「MX-4141FN」と、同51枚の「MX-5140FN」「MX-5141FN」。いずれも、業務用アプリケーションと連携して複合機を活用できる“Sharp OSA”を標準で搭載し、同社が提供する法人向けクラウドサービス「3sweb Sharpdesk Online」を利用することで、様々なデータの閲覧・共有をオフィスや外出先などでも行なえる。PCやスマートフォン、タブレット端末でデータをダウンロードすることで、必要な時に確認できるほか、ネットワークプリントサービスを活用することで、コンビニエンスストアで出力することもできる。

 無線LAN機能を搭載し、無線LAN機能を備えたPCと接続することで手軽にデータを出力できる。モバイル端末用連携アプリケーション「Sharpdesk Mobile」を利用することで、無線LAN機能搭載のスマートフォンやタブレット端末にスキャンしたデータを保存できるほか、他のアプリケーションで活用したり、保存しているデータを手軽に出力できる。

 操作パネルに、マルチタッチ対応の10.1インチ大型カラー液晶を採用し、直感的な操作で、印刷内容の確認やページの入れ替え・削除などを画面上で行なえる。また、大容量給紙デスク搭載しているほか、出力する際に用紙を節約するためのアドバイスを表示するECO印刷補助メッセージ機能や、エコ学習機能、電源オン/オフスケジュール機能などの、環境性能も備えている。

 MycrosトナーHG 2を利用することで、写真の表現力向上を図れるほか、グラデーションやハーフトーンも美しく出力できる。ジョブデータやメモリボックス内の画像データ、本体に記憶されているユーザ情報を簡単に消去できるセキュリティ機能を標準で搭載している。また、本体に搭載した認証機能に加え、ICカードを利用したユーザ認証も行なえる。「SPDL2-c」に加え、Adobeの純正記述言語Adobe PostScript 3を標準で搭載している。

 「MX-4141FN」「MX-5141FN」は、両面原稿で毎分170ページの読み取りを行なえる高速カラースキャナを搭載し、大量原稿のデータ化を行なえる。


出荷日・発売日 2013年6月11日 発売
価格 お問い合せ下さい

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「オフィス機器」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20047520


IT・IT製品TOP > オフィス機器 > 複合機 > 複合機のITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ