富士通コンポーネント、消費電力“見える化”デバイスを拡充

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


富士通コンポーネント、消費電力“見える化”デバイスを拡充


掲載日:2013/06/06


News

 富士通コンポーネント株式会社は、1口タイプの無線機能内蔵スマートコンセントとデータ無線送受信ユニットをシリーズ化し、6月に発売する。価格はオープン価格。

 スマートコンセントは、消費電力を“見える化”することで使用状況を把握でき、節電対策のPDCAサイクルを支援する。電流センサを内蔵し、コンセント1口ごとの消費電力データをPCで表示できる。また、別売のゲートウェイと接続することで、測定データをネットワーク経由で利用できる。

 既に発売されている4口タイプのUSB出力スマートコンセントに加え、今回、設置工数/運用管理工数を軽減し、コンセント設置の自由度を高めるために、測定データを無線で送信できる1口タイプシングルスマートコンセント「FX-5201PP/100」と、受信ユニットの無線ベース「FX-5251WB」、既存のUSB出力4口スマートコンセントを最大4台接続してデータを無線送信する無線ハブ「FX-5251WH」が追加された。

 シングルスマートコンセントで測定されたデータは無線ベースを中継して、既存スマートコンセントで測定されたデータはUSB接続された無線ハブで収集し無線ベースを中継して、ゲートウェイに蓄積される。データの無線通信は特定小電力無線(2.4GHz)を使用する。無線機器間の設定は内蔵の自動ペアリング機能で行なわれるため、面倒な設定は不要。

 1台のゲートウェイで、既存のスマートコンセントを最大64台(256口)、または、シングルスマートコンセント最大64台を管理できる。既存のスマートコンセントと無線スマートコンセントを混在させて使用することもできる。

 ゲートウェイに蓄積されたデータは、Ethernet経由で、ゲートウェイ内蔵のWebユーザインターフェースで一括して表示できる。電力/電力量のダウンロードを始め、最新の電力値や有効電力、平均値などを管理サーバで取得して利用できる。


出荷日・発売日 −−−
価格 オープン価格

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

◆関連記事を探す

「IT資産管理」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「IT資産管理」関連情報をランダムに表示しています。

「IT資産管理」関連の製品

資産・備品管理システム 「備品マネージャー2」 【フォー・ズィー・コーポレーション 】 ソフトウェアライセンス管理「iTAssetEye」 【エヌ・ティ・ティ・ソフトウェア】 ez-NodeFinder 【ニッポンダイナミックシステムズ】 非常駐型IT資産統合管理ツール「e-Survey+」 【ニッポンダイナミックシステムズ】 仮想化技術の普及に対応するIT資産管理のベストプラクティス 【ウチダスペクトラム株式会社】
IT資産管理 IT資産管理 IT資産管理 IT資産管理 IT資産管理
2次元バーコード付の備品ラベルを使い、資産・備品の登録から、リース資産の管理、棚卸、移管、廃棄までを一貫して管理できる。その他画像管理や簿価リスト出力も可能。 保有、申請、利用、監査の4つのフェーズにおいて、ソフトウェアライセンスの適正な管理機能を提供。違反リスクを低減し、監査業務をサポートする。 情シスの管理外デバイスも自動追跡 増えすぎたIT資産の確実な管理術 エージェントレスでインベントリ収集。
ハード資産やソフトウェアライセンスと契約情報を紐づけ管理。 直感的な操作で運用負荷を軽減、低コスト・短期間でIT資産管理を実現。
「ライセンス管理不備で高額請求」の落とし穴を回避、理想のIT資産管理とは

「運用管理」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20047519


IT・IT製品TOP > 運用管理 > IT資産管理 > IT資産管理のITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ