採用:NTT東日本、公式サイトの一部にドコモ・ドットコムを採用

IT・IT製品TOP > WEB構築 > CMS > CMSのITニュース > ニュース詳細
この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


採用:NTT東日本、公式サイトの一部にドコモ・ドットコムを採用


掲載日:2013/06/06


News

 株式会社ドコモ・ドットコムは、東日本電信電話株式会社(NTT東日本)の公式サイトの一部について、ドコモ・ドットコムのCMS(Content Management System)「ONE for Smart」を用いてレスポンシブ・Webデザイン化を行ない、同サイトが公開されたことを発表した。

 「ONE for Smart」はレスポンシブ・Webデザインを用いたサイトマネジメントツール。レスポンシブ・Webデザインとは、PCやタブレット及びスマートフォンのデバイスに最適化したサイトを単一のソースで可能にする仕様を指し、スクリーンサイズに応じたサイト要素の自動的なリサイズ・リレイアウトをブラウザ内で行なえる。

 ドコモ・ドットコムは、NTT東日本公式サイトの“NTT東日本について”“お問い合わせ”の2カテゴリをレスポンシブ・Webデザイン化したという。


出荷日・発売日 −−−
価格 −−−

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「CMS」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「CMS」関連情報をランダムに表示しています。

「CMS」関連の製品

「情報管理」調査レポート:モバイル/クラウド導入の効果が出せない企業の特徴 【ハイランドソフトウェア】 CMSソフトウェア Movable Type 【シックス・アパート】 サイト構築の工数・コストの課題を解消――多機能CMSでデータ連携も手軽に実現 【メガ・トレード】 Sitecore on Cloud 【ソフトバンク・テクノロジー】 デジタルマーケティングがうまくいく、ビジネスとICTの課題解説 【富士通】
CMS CMS CMS CMS CMS
調査資料から探る モバイル/クラウド導入が進まない企業にECMが必要な理由 効率的なウェブサイト運用を実現する、国内シェアNo.1のCMSプラットフォーム。安心のセキュリティ、豊富なソリューションで、小中規模からエンタープライズまで対応。 Web制作には欠かせないCMS、導入には悩みどころも……製品選定のポイントは? デジタルマーケティングの基礎ガイド――どうする? 何から始める? 「うまくいかない」マーケティング――ICTとの連携で課題解決は可能か

「WEB構築」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20047504


IT・IT製品TOP > WEB構築 > CMS > CMSのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ