KDL、京都大学と“関係性技術”でモノの成長性を予測可能と実証

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


KDL、京都大学と“関係性技術”でモノの成長性を予測可能と実証


掲載日:2013/06/06


News

 株式会社神戸デジタル・ラボ(KDL)は、国立大学法人京都大学大学院情報学研究科(京都大学)とともに研究を進めている“関係性技術”でモノの成長性を予測できることを実証したと発表した。

 “関係性技術”とは、人、場所、商品といった様々なモノに関する関係性グラフを形成し、距離感、一般性、信頼性などからモノの未来価値を予測する技術。京都大学新熊准教授が発案し、KDLなどが開発している。

 今回発表された実証実験は、KDLが京都大学とともに主宰するモバイルソーシャライズシステムフォーラム(MSSF)内で設立された関係性チャレンジプロジェクト委員会にて実施された。

 MSSFは、同技術の産業利用を目的とした産学連携のフォーラムで、従来不可能であった状況に応じたサービス・コンテンツ・資源の利用を可能にすることを目指した産業化フォーラム。

 実験内容は、一般社団法人 電子情報通信学会より公開されている技術研究報告データ(2008年度〜2010年度分)を用い、研究者や、研究テーマ、コミュニティの成長性を予測するというもので、実験の結果、80%の確率で予測が的中する事が分かったとしている。

 今回の結果は、2008年度、2009年度のデータから形成した関係性グラフを用い、あるモノを基準として予測を行なった結果を2010年度の実際のデータから形成した関係性グラフと照合し、導いたものであると伝えている。同技術の“あらゆるモノの関係性をグラフ化する”特徴を生かし、関係性グラフの構造からモノの成長性を数値化することにより、どんな人が注目されるのかや、売れ筋商品、活性化しそうな市場が予測できるとしている。例えばECサイトでは、翌月の売れ筋商品を前月までに予測するといったことが可能となる。

 また、30万件の関係性を1.2秒で取り出せるため、大量に蓄積されたログデータの利活用として期待されると伝えている。

 同実証結果の下、関係性技術を“モノの未来価値を数値化できる技術”と定義し、購買履歴や閲覧履歴といった人の行動を表すログデータや気象情報や渋滞情報などの状況を表すログデータなど、様々なデータをソースとして新たな価値、そして事業性を生み出す行為を“データ・マネタイゼーション”と定義し、提唱していくと伝えている。



関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

キーマンズネットの新着情報を、お届けします

新着製品レポート

IoTのハードルを飛び越えるには企画〜開発までどう進めるべきか 【ソフトバンク】 次世代データセンターの能力を決める6つの要件とは 【ネットアップ】 5つの原則に見る、次世代データセンターの姿とは 【ネットアップ】 インバウンドに最適ソリューション!観光ルート提案サービス 【駅探】 事例で検証! Office 365 はコミュニケーション活性化の切り札か 【大塚商会/日本マイクロソフト】
無線LAN データセンター運用 データセンター運用 その他開発関連 グループウェア
IoTのハードルを飛び越えるために、企画から開発までどう進めるべきか? 6つの要件から理解するストレージのQoS、次世代データセンターの能力を決める鍵 5つの原則に見る、従来型データセンターの課題と次世代データセンターの姿 インバウンドに最適ソリューション!観光ルート提案サービス 事例/ Office 365で変えていく。社内コミュニケーションの質と量
このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20047489



このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ