提携:日商エレなど、コンバージド・インフラストラクチャを発売

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


提携:日商エレなど、コンバージド・インフラストラクチャを発売


掲載日:2013/06/05


News

 日商エレクトロニクス株式会社(日商エレ)と華為技術日本株式会社(ファーウェイ・ジャパン)は、パートナーシップの第1弾として、コンバージド・インフラストラクチャ製品「Huawei FusionCube」を発売した。

 「Huawei FusionCube」は、コンピューティング/ストレージ/ネットワーク機能を統合した製品で、システムの一元化と優れた省電力性能により、オペレーションコストの軽減を図れる。12uサイズのエンクロージャに最大16ノードのサーバ・ブレードと4つのスイッチ・モジュールを装備でき、512個のCPUコアと12TBのメインメモリ、240TBのストレージ、14.4Tbpsのネットワーク・ファブリックを統合的に提供できる。更に、60エンクロージャまで拡張でき、20ラックスペースで、3万720個のCPUコアと720TBのメインメモリ、6PBのストレージまでリニアにスケールアウトできる。

 コンピューティング/ストレージ/ネットワークリソースの仮想化/統合管理や、各リソースのディスカバリとプロビジョニングの自動化、効率的なユニファイド・オペレーションを行なえるクラウドOS「Huawei FusionSphere」が統合されている。サーバ仮想化性能に優れた「FusionCompute」と、SANストレージを不要にする分散ストレージアーキテクチャ「FusionStorage」を利用でき、インフラコストの削減とアプリケーションパフォーマンスの向上を図れる。更に、OpenFlowやVXLAN、NFV技術をベースにネットワークを仮想化できる「FusionNetwork」を用いてSDN環境に対応できるほか、OpenStackなどのオープンなクラウドプラットフォームAPIを利用できるため、外部のベンダが提供するクラウドソリューションやサービスとの連携や統合も図れる。


出荷日・発売日 2013年6月4日 発売
価格 −−−

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「仮想化」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20047479


IT・IT製品TOP > 仮想化 > 垂直統合型システム > 垂直統合型システムのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ