事例:ACB、CTCなどの自動販売機収益管理システムを導入

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


事例:ACB、CTCなどの自動販売機収益管理システムを導入


掲載日:2013/06/05


News

 伊藤忠テクノソリューションズ株式会社(CTC)は、アサヒビジネスソリューションズ株式会社(NAiS)と共同で、2012年12月に稼働開始したアサヒカルピスビバレッジ株式会社(ACB)の自動販売機の収益管理システム(SPA 、Sales Profit Assistant)を構築したと発表した。

 CTCによると、飲料業界では自動販売機の設置台数の増加を重視した営業活動が行なわれており、同設置台数が伸びた現在、自動販売機ごとの利益や投資採算を把握する仕組み作りが新たに求められている。

 CTCがNAiSと共同で構築したSPAは、自動販売機ごとに収集した売上情報や、原価や人件費などの経費情報を取り込んで5年分のP/L(損益計算書)を作成し、清涼飲料水の自動販売機1台ごとの収益を管理するためのシステム。

 自動販売機ごとに売れている製品が早い段階でわかるようになり、全国で約20万台以上ある自動販売機の採算を平均値ではなく1台ごとに管理できるようになる。そのため、得られた情報を今後の自動販売機設置における営業や提案に反映させ、潜在的に採算の悪い自動販売機を特定し、売上の改善に生かせられる。ACBは自動販売機収益管理のためのPDCAサイクルを可能にし、自動販売機設置場所の開拓、設置時の費用設定などの営業施策に役立てているという。

 CTCとNAiSは、今回のシステム開発において、大規模開発ツールである「G-PLUS」を活用し、システム構築を行なった。製造工程の自動化による開発コスト削減と納期短縮、開発作業の標準化による品質の向上などの効果が得られたという。


出荷日・発売日 −−−
価格 −−−

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「特定業種向けシステム」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「特定業種向けシステム」関連情報をランダムに表示しています。

「特定業種向けシステム」関連の製品

業種特化 物流ソリューション 【東計電算】 資金管理 決済ソリューション 「BankingGate」シリーズ 【NTTテクノクロス】 総合保育業務支援システム Kid's View(キッズビュー) 【ソフトバンク コマース&サービス】 ProSCOPE-C 【日立SC】 介護事業所支援システム 「Care-wing(介護の翼)」 【ソフトバンク コマース&サービス】
特定業種向けシステム 特定業種向けシステム 特定業種向けシステム 特定業種向けシステム 特定業種向けシステム
販売管理、運行管理、庫内管理、財務管理、勤怠管理、人事給与管理のサブシステムをオープン&シームレスにつなげる物流業向けERPシステムなどのソリューションを提供。 リアルタイム送金を実現するBankingGate for ANSER-CLA、マルチバンク、システム連携でシームレスな資金管理を実現するBankingGate for eBAgentからなる決済ソリューション。 厚生労働省の補助金で導入することもできる保育業務支援システム。園児の出欠状況確認、職員情報の管理、クラスごとの出席簿作成、園児の成長の記録などが効率的に行える。 化学・プロセス・マテリアル業界の生産プロセスに特化した原価計算パッケージ。工程別総合原価計算に対応するなど、正確な原価計算を可能にする機能を搭載している。 スマートフォンとICタグを利用した介護事業所支援システム。ヘルパーが利用者のICタグにスマートフォンをかざすだけで勤務状況を正確に記録でき、ヘルパー賃金計算も自動。

「基幹系システム」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20047473


IT・IT製品TOP > 基幹系システム > 特定業種向けシステム > 特定業種向けシステムのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ