日立、東大のモジュール型データセンタで“PUE=1.18”を達成

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


日立、東大のモジュール型データセンタで“PUE=1.18”を達成


掲載日:2013/06/05


News

 株式会社日立製作所(日立)は、2011年3月に国立大学法人東京大学(東大)の生産技術研究所に導入した“モジュール型データセンタ”における、直近1年間(2012年6月〜2013年5月)で1.18の平均のPUE(消費電力効率)値を記録したと発表した。

 日立によると、東大は今回“モジュール型データセンタ”の“外気導入冷却システム”を採用することで、一般的なデータセンタと比較して、空調に必要な電力コストを73%削減できたという。“外気導入冷却システム”は、省電力・高集積なデータセンタ環境構築ソリューションである“モジュール型データセンタ”の冷却システムで、28度以下の外気を活用し、サーバやストレージなどのIT機器を含めたデータセンタ設備全体を冷却するもの。一般的には、冷涼な地域のデータセンタ運用に採用されている。

 同システムは、東大の“超巨大データベース時代に向けた最高速データベースエンジンの開発と当該エンジンを核とする戦略的社会サービスの実証・評価”が進められているデータセンタで採用され、2年間にわたって、運用を行なってきたという。外気のみでデータセンタ内の温度及び湿度の管理を行ない、気温と湿度がともに高い夏季や、湿度が低い冬季においても適切なデータセンタ環境を維持できるほか、IT機器の消費電力に応じた送風量の制御を自動化することにより、省電力化を可能にしたと述べている。



関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

キーマンズネットの新着情報を、お届けします

新着製品レポート

ストレージ基盤事例:刷新効果はパフォーマンス改善だけじゃない 【ネットアップ】 アーキテクチャの5原則が導く次世代データセンターへの変革 【ネットアップ】 次世代事業継続ソリューション「Veritas Resiliency Platform」 【ベリタステクノロジーズ合同会社】 ファイルサーバ統合管理システム「GDMS」 【ジャストシステム】 ファイルサーバー管理ツール「GDMS」 【ジャストシステム】
NAS データセンター運用 バックアップサービス サーバー管理 サーバー管理
ストレージ基盤導入事例――刷新効果はパフォーマンス改善だけじゃない アーキテクチャの5原則が導く次世代データセンターのデザインとメリット 企業に眠るデータから洞察を引き出すための4ステップ 肥大化したファイルサーバを素早く「状況把握」「整理」するシステム。アクセス権の設定や変更、申請・承認フローまで自動化し、アクセス権管理を一元化する機能も有する。 肥大化したファイルサーバの状況を「素早く可視化」し、「簡単操作で整理」できる管理システム。アーカイブやアクセス権管理機能も搭載。
このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20047469



このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ