I-Oデータ、WD Red採用、ウイルス対策機能搭載RAID 6対応NAS出荷

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


I-Oデータ、WD Red採用、ウイルス対策機能搭載RAID 6対応NAS出荷


掲載日:2013/06/05


News

 株式会社アイ・オー・データ機器(I-Oデータ)は、Western DigitalのNAS用HDD「WD Red」を採用し、ウイルス対策機能を搭載したRAID 6対応NAS「HDL-XRW/TM3」シリーズの出荷を7月下旬(予定)に開始する。

 「WD Red」では、24時間・常時稼働が前提のNAS運用で課題になりやすい熱・振動への対策や電力消費が改善されているほか、保証期間が3年に延長されている。

 今回出荷される「HDL-XRW/TM3」シリーズは、「WD Red」を採用したほか、トレンドマイクロのNAS向けウイルス対策ソリューション「Trend Micro NAS Security」を搭載していて、保存されるファイルがウイルス感染していないかをリアルタイムでチェックし、ウイルスが発見された際は管理者に連絡し、自動で隔離する。ウイルス対策の不十分なPCをネットワークに接続し、ウイルス感染したファイルを同製品に転送した場合も、ファイルの隔離が行なわれる。ウイルスパターンファイルはインターネットを通じて定期的に更新される。

 RAID 6を利用したデータ保護や、リモートリンク機能を利用した外出先からのアクセスにも対応する。また、法人向けのクラウドサービス「Amazon S3」に対応し、同製品のデータを同期・バックアップでき、クラウドに保存することで災害時の復旧にも利用できる。


 通常は3年間のライセンスを最長5年まで延長できる追加ライセンスがラインアップされるほか、従来の「HDL-XR」ユーザ用のオプションソフトも提供される。同オプションソフトを「HDL-XRW」にインストールすることで、「HDL-XRW/TM3」と同等のウイルス対策機能を利用できる。

 価格は、ストライピングモード(RAID 0)利用時の容量が4TBの「HDL-XR4W/TM3」が13万7000円、同8TBの「HDL-XR8W/TM3」が18万7000円、12TBの「HDL-XR12W/TM3」が26万5000円。


出荷日・発売日 −−−
価格 −−−

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

◆関連記事を探す

「NAS」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「NAS」関連情報をランダムに表示しています。

「NAS」関連の製品

10ベイ NASサーバ AS7010T 【シー・エフ・デー販売】 企業向けストレージに関するアンケート 【日本アイ・ビー・エム】 エントリーモデルでも“使える”フラッシュストレージ「m10」 【東京エレクトロン デバイス】 バッチ処理時間の短縮で実感 オールフラッシュストレージの効果 【日本ヒューレット・パッカード株式会社】 x86サーバで徹底検証 NVMe対応SSDで実際にどこまで狙えるのか? 【レノボ・ジャパン】
NAS NAS NAS NAS NAS
大容量で高い性能でありながら、非常にコンパクトなサイズで低価格であるため、大企業のみならず中堅・中小レベルでも導入しやすいNAS。 3000円分のAmazonギフト券が当たる:ストレージに関する読者調査 大規模向けと思われがちなファイバーチャネル接続SANだが、エントリーモデルも見逃せない。検証済み構成で、導入から運用を一括して頼めるフラッシュストレージを紹介。 OpenStack連携・5年保証の実力派フラッシュストレージ導入事例 x86サーバで徹底検証、NVMe対応SSDで実際にどこまで狙えるのか?

「ストレージ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20047454


IT・IT製品TOP > ストレージ > NAS > NASのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ