NTT Com、“香港 ファイナンシャル データセンター”を提供開始

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


NTT Com、“香港 ファイナンシャル データセンター”を提供開始


掲載日:2013/06/04


News

 エヌ・ティ・ティ・コミュニケーションズ株式会社(NTT Com)は、中国・香港の九龍半島東部の将軍澳地区に建設した“香港 ファイナンシャル データセンター”を提供開始したことを発表した。

 香港は、中国市場へのゲートウェイ及びシンガポールと並ぶアジア地域のIT・経済活動のハブであり、多国籍企業の顧客の拠点が集中し、なかでも金融機関やIT企業の顧客が多く、高性能かつ安定したICT環境が求められているという。

 NTT Comは、2月に大容量光海底ケーブル“Asia Submarine-cable Express”の香港向けルートを運用開始したほか、データセンタサービスやクラウドサービスなどの拡充に努めてきたとしている。今回、更なる要望に応えるため、大型データセンタ“香港 ファイナンシャル データセンター”を提供開始したとしている。

 同データセンタは、Tier IV(米国のデータセンタ業界団体“Uptime Institute”が提唱するTierレベルの最高基準)に対応していて、故障に備え電源・空調・配電ルートなど様々な設備の冗長化を図っている。また、データセンタの敷地入口からサーバルーム内のラックまでの間に用意された8段階のセキュリティにより顧客のシステムを守る。

 アジア主要都市を結ぶ光海底ケーブル“Asia Submarine-cable Express”が直接陸揚げされていて、そのままサーバルームと直結していることにより、同データセンタの顧客は、アジア主要都市と同データセータを結ぶ専用線サービス“Arcstarグローバル専用サービス”を、従来より低遅延かつ低コストで利用できる。更に、日米間を低遅延で結ぶPC-1ケーブルを組み合わせることで、シカゴ(米国)〜東京〜香港〜アジア主要都市間において速いネットワーク環境を構築する。また、香港証券取引所至近に立地し、総延床面積は約7万平方メートル(6000ラック相当)となっている。

 同社は、2011年10月に策定した“Global Cloud Vision”に基づき、同データセンタをクラウドサービスの主要基盤としても活用していくとし、今後も“Nexcenter”ブランドのもと、データセンタサービスをグローバルに拡充し、サービスレベルの高度化や品質向上に努めていくとしている。



関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

キーマンズネットの新着情報を、お届けします

新着製品レポート

今すぐ実践、IT活用とオフィス空間づくりで進める「働き方改革」 【ミロク情報サービス】 海外製SFAからの移行事例〜次期SFA選びを失敗しないための3つのポイント_JUST.SFA 【ジャストシステム】 マンガ『ひとり情シス物語』:障害対応に時間をかけるなんてあり得なくない? 【デル株式会社】 実は見落とされがち……新興企業の爆速成長に必要不可欠な要素とは 【日本オラクル】 成長企業がいま知っておくべき、スピード経営基盤の考え方とは 【日本オラクル株式会社】
暗号化 SFA 統合運用管理 ERP ERP
今すぐ実践、IT活用とオフィス空間づくりで進める「働き方改革」 SFAの移行を検討する企業が次期SFAを選ぶ際に留意すべきこととは?SFA選びを失敗しないための3つのポイントとは?実際のSalesforceリプレース事例をもとに解説。 マンガ『ひとり情シス物語』:障害対応に時間をかけるなんてあり得なくない? 斬新な発想と圧倒的なスピードを武器に、新興企業でも市場を席巻できる時代が到来した。しかし急成長を狙う前に、バックオフィスの重要性を再認識しておく必要がある。 成長企業がいま知っておくべき、スピード経営基盤の考え方とは
このページの先頭へ


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20047421



このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ