マカフィー、チップからアプリまで保護する統合スイートを提供

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


マカフィー、チップからアプリまで保護する統合スイートを提供


掲載日:2013/05/31


News

 McAfee,Inc.(マカフィー)は、チップからOS、アプリケーションまでのセキュリティを連結する統合スイート「McAfee Complete Endpoint Protection - Enterprise」「McAfee Complete Endpoint Protection - Business」を日本で提供開始した。

 今回提供されるスイートには、インテルと共同開発したハードウェア支援型セキュリティや、動的なホワイトリスティング、リスクインテリジェンス、セキュリティ管理システム「McAfee ePolicy Orchestratorソフトウェア」(ePO)などが組み込まれている。MacやLinux向けのウイルス対策やモバイルデバイス管理も搭載している。

 スイート内の製品「McAfee Enterprise Mobility Management」では、モバイルデバイス管理とセキュアコンテナが「ePO」プラットフォーム環境内に統合され、スマートフォンやタブレットが加わったことで、1つの画面と統合されたポリシー環境の使用が可能になり、同スイートのMac/Windows/Linuxのマルチプラットフォームパッケージなど様々なエンドポイントで管理できるようになる。

 「McAfee Deep Defender」では、ハードウェア支援型セキュリティを用いて、OSの範囲を越えて、ステルス攻撃からエンドポイントを保護できる。また、PC向け「McAfee Application Control」では、動的ホワイトリスティングに、利用者が実行できるアプリケーションまで含めることで、感染やデータ損害の機会を減らし、マルウェアの実行を防止できる。「McAfee Risk Advisor」では、最も危険性の高いシステムを管理者がすぐに確認できるため、最重要のシステムを最初に保護できる。

 2013年下半期に提供開始される予定の「Real Time for McAfee ePO」では、ワークフロー内でベストプラクティスに基づく対策などを用いることで、迅速に管理者がセキュリティ方針を把握でき、潜在的なリスクを迅速/簡単に管理できる。


出荷日・発売日 −−−
価格 お問い合せ下さい

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「UTM」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「UTM」関連情報をランダムに表示しています。

「UTM」関連の製品

FEREC 【ネットスプリング】 アプリ脆弱性に迅速に対応するインターネット分離後の運用管理 【ヴイエムウェア】 FortiGate 【図研ネットウエイブ】
UTM UTM UTM
IDとパスワードによる「ユーザ認証」「アクセスコントロール」「ログ収集」を1台で実現するアプライアンスタイプのLANアクセス管理システム。 インターネット分離だけで満足していないか? 分離後の対策を怠ると…… ファイアウォールをはじめとした多彩なネットワークセキュリティを単一のアプライアンスで提供。独自開発プロセッサによる最高水準の性能と高コストパフォーマンスを両立。

「ネットワークセキュリティ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20047349


IT・IT製品TOP > ネットワークセキュリティ > UTM > UTMのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ