弥生、共同運営の開業支援サイト改訂と経営者に関する調査を発表

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


弥生、共同運営の開業支援サイト改訂と経営者に関する調査を発表


掲載日:2013/05/31


News

 弥生株式会社は、株式会社プロジェクトニッポンと共同運営する起業家の開業を支援するWebサイト“開業計画NAVI”をリニュアルしたことを発表した。

 “開業計画NAVI”は、事業計画書作成から会計・税務の専門家への無料相談まで様々なコンテンツを提供している。

 今回のリニュアルでは、起業家や個人事業主1501名のアンケート調査をまとめた“開業リポート2013年改訂版”を掲載した。

 “開業リポート2013年改訂版”は、開業前の計画値と開業後1年目の売上実績値や会計頻度、単月黒字化した時期などを調査し、その結果をリポートにまとめたもの。今回の調査では特に計画と現実の違いについて分析しているという。

 同調査によると、現在黒字化し順調な経営をしている企業を対象に、開業1年目の売上実績値と開業前の計画値を調べたところ、過半数を超える55.8%が計画値を下回っていた。

 また、開業前に想定していた計画値と実際の1年目の売上とを比較し、"ギャップ率"という指標(ギャップ率が高くなる程、計画値と実績値が乖離し、経営が厳しい状態であることを示す)で算出したところ、55.8%の企業 (黒字化企業で1年目売上実績が計画値を下回った企業)のギャップ率は全業種平均で“45.8” となったとしている。これは計画に対して、半分強の売上しか挙げられていないことを示しているとし、現在黒字化し経営が順調な企業においても過半数が当初計画の売上を下回り、そのギャップは半分程度であったという厳しい現実がわかったと伝えている。

 ギャップ率と会計頻度の分析・比較をすると、ギャップ率が低くなるほど、会計頻度は高くなるという傾向になったと伝えている。ギャップ率の低い0〜25ポイントの企業では、会計頻度が1ヵ月に1度、と答えた企業が60%なのに対して、ギャップ率の高い75〜100ポイントの企業では36%まで低下していたという。このことから、こまめに経営管理を行なっている企業ほど計画に沿った経営ができていることがわかったとしている。

 更に、同リニュアルでは、新コンテンツ“社長1年生の軌跡から計画と現実”を追加し、他にも、ブラウザ上での簡単な操作で事業計画書が作成できるWebサービス“事業計画作成サポートツール”に、“フリーランス・ライター業”“デザイナー業”“不動産業”の3つの業種を追加した。



  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

キーマンズネットの新着情報を、お届けします

新着製品レポート

オールインワンBIツール Actionista! 【ジャストシステム】 手間やコストを極力かけず、企業ITの認証環境を強化する 【エントラストジャパン】 脱ExcelやiPad対応、事例で分かる業務アプリ開発の4大課題解決法 【セールスフォース・ドットコム】 見込み客獲得型オウンドメディアの立ち上げ方 【イノーバ】 BCP/DR対策 他、課題解決に直結するITインフラ最適化 【日本ヒューレット・パッカード+他】
BI 認証 開発環境/BaaS CMS サーバー仮想化
“かんたん、きれい、分かりやすい”
「誰でも分析」を実現するオールインワンBIツール。誰でも簡単に本格的な分析が行え、分析結果を組織内で自由に共有することが可能。
サイバー攻撃の巧妙化、クラウド利用の拡大などによって、今まで以上に認証の重要度は増している。手間やコストを極力かけず、企業ITの認証環境を強化するための勘所とは? 脱ExcelやiPad対応、事例で分かる業務アプリ開発の「4大課題」解決法 Webの売り上げ・問い合わせ向上、見込み客獲得型オウンドメディアの立ち上げ方 サーバ仮想化からBCP/DR対策まで、課題解決に直結するITインフラ最適化
このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20047334



このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ