日本マイクロソフト、国内強化で日本リージョンの開設計画を公開

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


日本マイクロソフト、国内強化で日本リージョンの開設計画を公開


掲載日:2013/05/31


News

 日本マイクロソフト株式会社は、パブリッククラウドサービス「Microsoft Windows Azure」をユーザに提供する、新たな主要リージョンを日本に展開することを発表した。

 この“日本リージョン”には、日本国内の2ヵ所(首都圏と関西圏)のサブリージョンが含まれ、「Windows Azure」のサービスを国内のデータセンタから提供することを可能にするとしている。

 「Windows Azure」は、従来からのPaaS(Platform as a Service)としての機能強化に加え、4月よりIaaS(Infrastructure as a Service)の仮想マシン及び仮想ネットワーク機能の正式運用も開始し、国内48社(5月23日現在)のパートナー企業から対応表明があるとしている。同クラウドサービスのシステムインテグレーションを提供するWindows Azure Circleパートナーも26社(5月23日現在)あり、クラウドサービスを利用したユーザのビジネスへの支援を推進しているという。

 日本マイクロソフトによると、2017年まで27.8%の年平均成長率で拡大していくと予測されている国内のパブリッククラウド市場において(出典:IDC Japan“国内パブリッククラウドサービス市場 2012年の実績と2013年〜2017年の予測”J13280102)、この新しい主要リージョンは、ユーザに処理能力とシステム展開の柔軟性を提供するという。これまで国内ユーザの多くは、展開先としてアジアリージョンの2つのサブリージョン(香港もしくはシンガポール)を選択していたが、新たに日本リージョン内の東阪のサブリージョンも選択できるようになるとしている。

 また同社によると、日本リージョンができることで、ユーザはデータやアプリケーションを、データ統治権を担保しつつ国内に保持できるようになるほか、東阪2つのサブリージョン構成により、国内でディザスタリカバリ構成を構築でき、パフォーマンスを改善できるとしている。同社は、日本リージョン開設と、パートナー企業との連携強化により、クラウドサービスを活用した企業競争力強化を支援できるとしている。

 また、同リージョンの開設にともない、マイクロソフトと富士通株式会社との「Windows Azure」をベースとしたクラウド分野での戦略的協業を継続し、連携を強化させていくと伝えている。



  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

キーマンズネットの新着情報を、お届けします

新着製品レポート

「Spark」を動画で徹底解説、高速ビッグデータ分析環境を簡単に構築する方法 【日本アイ・ビー・エム株式会社】 サイト構築の工数・コストの課題を解消――多機能CMSでデータ連携も手軽に実現 【メガ・トレード】 デジタルビジネス実現への道「クラウド運用のホワイトボックス化 8つの極意」 【日本電気】 「OpenStack」だけでは実現できない“7割の要件”にどう対応する? 【日本電気】 SAPの次世代クラウドアプリケーションを支えるITインフラとは? 【レノボ・ジャパン株式会社】
ビッグデータ CMS IaaS/PaaS プライベートクラウド Windows
「Spark」を動画で徹底解説、高速ビッグデータ分析環境を簡単に構築する方法 サイト構築の工数・コストの課題を解消――多機能CMSでデータ連携も手軽に実現 デジタルビジネス実現への道「クラウド運用のホワイトボックス化 8つの極意」 「OpenStack」だけでは実現できない“7割の要件”にどう対応する? SAPの次世代クラウドアプリケーションを支えるITインフラとは?
このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20047323



このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ