ディファレント、廃棄処分PC・サーバ買取の法人からの受付を開始

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


ディファレント、廃棄処分PC・サーバ買取の法人からの受付を開始


掲載日:2013/05/30


News

 株式会社ディファレントは、「ご不要のパソコン100円買取」サービスを拡大し、個人ユーザに加え、法人ユーザからの受付も開始した。

 「ご不要のパソコン100円買取」サービスでは、全国どこからでも送料無料(着払い)で受け付け、処分費・データ消去費用無料で回収する。無料の完全データ消去サービスが行われるほか、出張引き取り・宅配引き取り・直接引き取りと希望に合わせたPC回収方法を利用できる。PCリサイクルマークのないPCも処分費用無料で回収している上、壊れているPCや古いPC、自作のPCでも対象品1台につき100円で買取を行なう。

 今回、法人ユーザにもサービスが拡大されたほか、企業向けの新しいサービスとして、データの完全消去・リサイクルから、PC・サーバの提供までを一貫して行なう「パソコン、サーバー導入」サービスも開始された。

 同サービスでは、サーバ・PCの現行品や中古品、販売が終息した製品、入手困難な製品を海外の倉庫などからグローバルに探すほか、販売が終了した製品のオプション(CPU・HDD・メモリなど)を調達することで、製品のライフサイクル延長を支援する。ライフサイクルが延長されることで、電子廃棄物の削減を図れるとともに、企業は資産の有効利用を図れる。

 専門のスタッフがサーバの構成を支援する。“サーバの導入を検討しているがサーバについての知識がない”“構成は決まっているが、どのサーバを購入すればいいか分からない”などを相談でき、ユーザにあったサーバを専門のスタッフが探す。

 100円買取の対象商材は、デスクトップPC、ノートPC(液晶が割れていても可)、液晶一体型PC、液晶モニタ、サーバ、スマートフォン、タブレット、インクジェットプリンタ(A3サイズ以上対応品)など。


出荷日・発売日 −−−
価格 −−−

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「IT資産管理」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「IT資産管理」関連情報をランダムに表示しています。

「IT資産管理」関連の製品

EOSL後の延命保守、大型ストレージの場合の注意点と対策 【エスエーティ】 資産管理ツール Absolute Data and Device Security 【ソフトバンク コマース&サービス】 非常駐型IT資産統合管理ツール「e-Survey+」 【ニッポンダイナミックシステムズ】 IT資産管理ソフトSS1<System Support best1> 【ディー・オー・エス】 IT資産管理・情報漏えい対策 LanScope Cat 【エムオーテックス】
IT資産管理 IT資産管理 IT資産管理 IT資産管理 IT資産管理
EOSL後の延命保守、大型ストレージの場合の注意点と対策 ノートPCやタブレットの盗難・紛失時に遠隔よりデータを削除して情報漏えいを防止する資産管理ツール。デバイスの位置を地図上に表示する位置情報トラッキング機能が特長。 エージェントレスでインベントリ収集。
ハード資産やソフトウェアライセンスと契約情報を紐づけ管理。 直感的な操作で運用負荷を軽減、低コスト・短期間でIT資産管理を実現。
IT機器などの最新情報をリアルタイムに把握・可視化し、資産・セキュリティ・ログの管理を効率化する。新機能のソフトウェア資産管理機能でコンプライアンス強化も支援。 IT資産管理、操作ログ管理、マルウェア対策、ファイル配布、各種レポートやリモートコントロールなど、セキュリティ対策やIT資産管理に必要な機能を網羅したパッケージ。

「運用管理」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20047307


IT・IT製品TOP > 運用管理 > IT資産管理 > IT資産管理のITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ