パイプドビッツ、自治体職員向け教育プログラムを開講

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


パイプドビッツ、自治体職員向け教育プログラムを開講


掲載日:2013/05/30


News

 株式会社パイプドビッツは、7月1日に、地域の政策立案・実施に関わる自治体やNPOなどの担当者向けに、政策立案の専門的知識やノウハウを習得する教育プログラム“政策創造プロジェクト”を開講すると発表した。

 “政策創造プロジェクト”は、慶應義塾大学SFC研究所との共同研究(“地域毎のニーズを反映した政策立案を支援する仕組み”に関する研究)の一環として行なわれる、政策テーマや自治体経営に精通した学識経験者、シンクタンク研究員等の専門家、有識者による、全10回の講座からなる教育プログラム。人材育成、産学連携、スマートコミュニティ、オープンデータ、防災・危機管理など、自治体が抱えるテーマについて、ICTを活用した政策立案技法の育成を目的とし、講義や、専門家、他受講者(他自治体)と政策企画を議論、比較してブラッシュアップする演習も実施する実践的プログラムであるという。

 パイプドビッツによると、税収減による財政枯渇、高齢化、少子化など地域行政の財政構造が変化し、自治体担当者は住民のニーズを汲み取り、費用対効果を考慮した政策立案を求められている。しかし、会計検査院の2011年度決算検査報告書によると、例えば政府の復興予算は予算執行が半分近くにとどまり、また、被災地においても執行率8割の自治体がある一方で、執行率が1割に満たない地域もあるとしている。その原因は複雑だが、自治体担当者のノウハウ不足も一因だと言われているという。

 そこで同社は、中央省庁の政策立案・実施の経験豊富な講師陣が、政策立案に不可欠な知識や実務ノウハウを講義、演習する“政策創造プロジェクト”を通じて、コンテクストに根差した課題解決型の地域政策を支援するために、同プログラムを開講するとしている。

 具体的には、2007年度から2009年度にかけて、文部科学省事業“社会人の学び直しニーズ対応教育推進プログラム”の一環として慶應義塾大学で実施した“地域情報化人材の育成研修事業”で使われた手法に基づき、最新の政策課題やICT利活用動向を踏まえて教育プログラムを作成したと伝えている。



  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

キーマンズネットの新着情報を、お届けします

新着製品レポート

AWS環境からの情報漏えいを防止、ユーザー側で行うべき公開サーバの脆弱性対策 【トレンドマイクロ】 サポートが終了したOSを継続利用、延命利用中に必須のセキュリティ対策 【トレンドマイクロ】 日本企業も対象になり得るGDPR(制裁金最大26億円)にどう対処するのか? 【Jiransoft Japan】 SAS Data Management 【SAS Institute Japan】 SAS Visual Analytics 【SAS Institute Japan】
WAF 検疫 その他運用管理関連 ビッグデータ BI
AWS環境からの情報漏えいを防止、ユーザー側で行うべき公開サーバの脆弱性対策 サポートが終了したOSを継続利用、延命利用中に必須のセキュリティ対策 日本企業も対象になり得るGDPR(制裁金最大26億円)にどう対処するのか? 膨大・煩雑な生データを「使えるビジネス資産」に変換する方法 BIを生かす秘訣は「Microsoft Office」との連携にあり
このページの先頭へ


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20047294



このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ