GXS、Billentisの電子請求のグローバル商機に関するレポート発表

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


GXS、Billentisの電子請求のグローバル商機に関するレポート発表


掲載日:2013/05/30


News

 米GXSは、同社が協賛した電子請求のグローバル商機に関するBillentisのレポートが公開されたことを発表した。

 今回発表されたのは、“E-Invoicing/E-Billing The Catalyst for AR/AP Automation”(電子請求−売掛金/買掛金処理自動化の促進)と題されたレポートで、電子請求の促進要因となるグローバル経済の課題を探っている。

 同レポートによると、電子請求処理への企業投資は6ヵ月以内に回収可能であること、また電子請求により従来の紙の請求書に比べ60〜80%のコストが削減されることが確認されている。

 同レポートでは、特定の商品/製品への融資に使用可能な一連のソリューションである、サプライチェーンファイナンス(SCF)における市場機会の重要性を強調していると伝えている。売掛金のグローバル市場は1兆3000億ドル規模である一方、SCF手法が使用されているのはそのごく一部だとしている。ただし、レポートでは、半数以上の企業がSCF機能を改善するためにどのような選択肢があるか調査中であると指摘していて、更に、多くの企業は、売掛金と買掛金を収益化してサプライチェーン内の資金を流動化することを検討していると伝えている。

 Billentisは、財務部門が優れた業務を行なうにはイノベーションが不可欠だとし、不安定な市場、取引のグローバル化、新たな規制やコンプライアンスの問題、ビジネスプロセスの複雑化、絶え間ない変化/変革によって、財務部門は組織内での役割の見直しを迫られているとしている。電子請求は、企業が効率的なサプライチェーンを維持するためのツールとして一層重要さを増しているとし、CIOが対応していた情報やテクノロジの管理がCFOに求められることが増えているという。

 GXSは、電子請求が財務活動の主流になりつつあるため、CIOとCFOにはより緊密な協力が求められているとし、多くの金融サプライチェーンチームはEDIですでに電子取引を開始しているので、互いのコミュニケーションを増やしてそれぞれの目標を連携させる必要があるという。同社は、以前から2013年は電子請求の重要な転換点になると考えていたとし、今回発表されたレポートでは、政府規制の強化、企業のサプライチェーンリスク重視、中小規模企業での電子請求の利用しやすさ向上がこの成長の主要要因であることが確認され、同社の予測が裏付けられる形となったと伝えている。



関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

キーマンズネットの新着情報を、お届けします

新着製品レポート

つながらないコールセンターを解決、鍵はデータによる可視化と改善 【NTTコミュニケーションズ】 飽和状態のマーケティング活動を再定義、「カスタマージャーニー分析」の威力 【富士通株式会社】 なぜ外資系CRM/SFAの導入企業は1年でリプレースを検討するのか 【ソフトブレーン】 ひとり情シスなのに従業員数は増加中、PC管理はどう効率化すればいい? 【デル株式会社】 事例にみる、クラウドやハイブリッド環境で価値ある情報を手に入れる方法 【Splunk Services Japan】
コールセンター/CTI CRM SFA IT資産管理 統合ログ管理
つながらないコールセンターを解決、鍵はデータによる可視化と改善 飽和状態のマーケティング活動を再定義、「カスタマージャーニー分析」の威力 なぜ外資系CRM/SFAの導入企業は1年でリプレースを検討するのか ひとり情シスなのに従業員数は増加中、PC管理はどう効率化すればいい? 事例にみる、クラウドやハイブリッド環境で価値ある情報を手に入れる方法
このページの先頭へ


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20047285



このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ