提携:MPayMeとビリングシステム、戦略的業務提携を発表

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


提携:MPayMeとビリングシステム、戦略的業務提携を発表


掲載日:2013/05/30


News

 香港MPayMe,Limited.(MPayMe)は、ビリングシステム株式会社との戦略的業務提携を発表した。

 今回の提携により、MPayMeの提供する「znap」アプリケーションが、ビリングシステムの決済プラットフォームと統合されることになる。

 「znap」はモバイルペイメントを基盤としたマルチプラットフォームアプリケーション。多くの付加価値サービスへの拡張ができ、QRコードのスキャンと暗証番号を入力することで簡単に、安全に支払いを行なうことが可能となる。また、クレジットカード加盟店が同アプリケーションを顧客管理に利用すると、1対1マーケティング、特定の顧客に対する特定商品やサービスの提供、各種ポイントの統合やクーポンの提供などが可能となる。

 同アプリケーションは、そのまま手を加えずに独立したソリューションとして利用する方式、あるいは、既存の加盟店のシステムに組込む方式のいずれにも対応できる。

 ビリングシステムは、クレジットカード決済におけるオーソリゼーション(カード加盟店のクレジット会社に対する、カード利用者の信用確認)や精算、現金決済、 POSシステムを使った決済や、eコマースにおけるソリューションを提供する日本法人。

 「znap」は、店頭、オンライン、アプリケーション間のような既存の販売チャネルに加え、請求書、インボイス、モバイルPOS、バーチャルショッピングなどの新しいチャネルでの支払いが可能になり、加盟店はこれまで不可能だったこともできるようになるとともに、新しい販売チャンスを生み出し、利用者の満足度を高めることができると伝えている。

 また、同アプリケーションは、クラウドベースのモバイルソリューションであるため、追加のハードやインフラは不要で、同社の決済プラットフォームとの接続により、消費者はスマートフォンから同アプリをダウンロードすることで、コストをかけずに支払いを行なったり、カードのポイントをためたり、クーポンを利用したりできるようになる。これにより、加盟店はハードを追加したり複雑なシステム統合をせずに、利用者の特性に応じた提案を行ない、様々なチャネルからの決済を一元管理できるようになるとしている。



関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

キーマンズネットの新着情報を、お届けします

新着製品レポート

CMSソフトウェア Movable Type 【シックス・アパート】 Windows 10移行の3つのヒント――キッティング工数・コストを削減する方法 【クエスト・ソフトウェア】 金融企業の事例に学ぶ、DBの高可用性とTCO削減を両立するレプリケーション手法 【クエスト・ソフトウェア】 「分散型WAN」に最適化したSD-WANはなぜ業務を止めないか 【バラクーダネットワークスジャパン】 Office 365への移行で避けられないネットワーク負荷、その効率的な解消方法とは 【バラクーダネットワークスジャパン】
CMS IT資産管理 その他バックアップ関連 WAN 認証
効率的なウェブサイト運用を実現する、国内シェアNo.1のCMSプラットフォーム。安心のセキュリティ、豊富なソリューションで、小中規模からエンタープライズまで対応。 Windows 10移行の3つのヒント――キッティング工数・コストを削減する方法 金融企業の事例に学ぶ、DBの高可用性とTCO削減を両立するレプリケーション手法 クラウドの利用が当たり前のいま、企業のWAN環境に求められる要件も変化している。効率よくWAN最適化を実現し、セキュアで高品質な通信環境を獲得する方法を紹介する。 Office 365への移行で避けられないネットワーク負荷、その効率的な解消方法とは
このページの先頭へ


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20047282



このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ