ユニットコム、ビジネス用途に特化した省電力モデルのBTO PC発売

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


ユニットコム、ビジネス用途に特化した省電力モデルのBTO PC発売


掲載日:2013/05/30


News

 株式会社ユニットコムは、法人専用オリジナルBTO(Build to Order)PC「WSS Bシリーズエコ」のスリムタイプ3モデル、ミニタワータイプ3モデルを発売した。

 「WSS Bシリーズエコ」は、オフィス向けPC「WSS B」シリーズの省電力版ラインアップで、消費電力の低いパーツで構成されている。プロセッサには、複数コアを搭載したインテルの省電力プロセッサを採用し、処理の効率化と電力消費の削減を達成している。また、SSDを採用し、省エネと高速データアクセスを図れる。電源ユニットには、“80PLUS GOLD”認証を取得した製品を搭載し、変換ロスでの無駄な電力消費と発熱が抑えられ、PCの長期間安定動作も図れる。また、マザーボードにASUSTeK製P8B75-M、メモリにKingston製高品質DDR3メモリを採用するなど、主要パーツにメジャーブランドの製品を搭載し、国内工場で組立・検証を行なうことで、長期間利用できる。

 Core i3/i5搭載モデルには、インテル スモール・ビジネス・アドバンテージ(インテルSBA)が標準でプリインストールされ、使用できるUSBデバイスを制限できる“USB Blocker”や、PCの電源オン/オフの時間を設定することで消し忘れなどの防止を図れる“Energy Saver”など、小規模ビジネスでのPC運用管理に利用できるアプリケーションが付属している。

 エントリー構成モデル「WSS-B75SL/ECO-E」「WSS-B75M/ECO-E」は、デュアルコアCeleron G1610Tプロセッサを搭載し、インターネットやメール、Word/Excelなどのオフィス系アプリケーション、動画の再生など、基本的な作業に適している。

 スタンダード構成モデル「WSS-B75SL/ECO-S」「WSS-B75M/ECO-S」は、デュアルコアCore i3-3220Tプロセッサを搭載し、基本的な作業に対応するほか、強化されたグラフィック機能を備え、高解像度動画の再生やビデオの変換・エンコード処理を快適化できる。

 ハイスペック構成モデル「WSS-B75SL/ECO-H」「WSS-B75M/ECO-H」は、デュアルコアCore i5-3470Tプロセッサを搭載し、複数タスクの同時実行が快適化される上、インテル ターボ・ブースト・テクノロジーでタスクの状況に合わせてプロセッサの動作クロックが自動的に引き上げられるため、処理にかかる時間が低減され、作業効率の向上を図れる。

 いずれも、スリム筐体(SL)、ミニタワー筐体(M)から選択できる。


出荷日・発売日 2013年5月28日 発売
価格 お問い合せ下さい

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「PC」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20047274


IT・IT製品TOP > PC > デスクトップパソコン > デスクトップパソコンのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ