NIコンサル、営業支援の顧客情報をスマホ等の地図に表示可能に

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


NIコンサル、営業支援の顧客情報をスマホ等の地図に表示可能に


掲載日:2013/05/29


News

 株式会社NIコンサルティング(NIコンサル)は、電子秘書型営業支援システム「Sales Force Assistant」で、顧客情報をスマートデバイスの地図にプロットする“マッピングアシスト機能”を搭載した新バージョンの提供を開始した。

 “マッピングアシスト機能”では、当日の訪問先や翌日の訪問予定先、現在地の近隣にある顧客、ターゲットリストで指定した顧客を、スマートフォンやタブレットの地図上にプロットして通知できる。電子秘書(アシスタント)が訪問予定先を地図に表示することで、訪問準備の手間を省ける。また、GPS(Global Positioning System)を利用して現在地周辺の顧客を地図表示することで、空き時間を活用した“ついで訪問”を支援する。

 顧客の位置情報を示すピンは、案件の有無や顧客ランク、最新訪問日によって色分けされる。更に、ピンをタップすると顧客情報の吹き出しが現れ、顧客対応の抜け/漏れやクレームの有無が表示される。

 同機能は、スマートデバイスにアプリをインストールして利用する。Android版の提供は既に開始されていて、iOS版の提供は6月中旬に開始される予定。


出荷日・発売日 −−−
価格 お問い合せ下さい

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「SFA」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「SFA」関連情報をランダムに表示しています。

「SFA」関連の製品

モバイルSFA「cyzen (サイゼン)」 【ソフトバンク コマース&サービス】 「Salesforce」の効果を高める名刺管理術、売れる仕組みをどう作る? 【サンブリッジ】 ビジネスチャンスをつかむ糸口、「名刺」の正しいデータ活用法 【サンブリッジ】 GEOCRM.com 【ナレッジスイート】 いま一度、SFAやBI導入の前に社内の営業担当者に目を向ける必要がある理由 【コニカミノルタジャパン】
SFA SFA SFA SFA SFA
サービス開始から約4年で950社超の企業が導入するモバイルSFA。多数の業界での導入・活用ノウハウが集約され、営業支援から保守メンテナンスまでさまざまな業務をカバー。 名刺管理術:「Salesforce」を活用 営業活動をより効果的に ビジネス活動の糸口となる名刺。社内共有の取り組みが盛んになってきたが、そこで満足する企業も多い。本来の目的である営業活動の最適化、売り上げ拡大に必要な視点とは。 企業情報や訪問記録を地図に紐付けて見込み顧客を育成・管理・活用できるフィールドセールスに最適な顧客管理サービス。 SFAで営業最適化――。その前に担当者個人のスキル伸長をないがしろにしてはいないだろうか。AIに業務が奪われる前に“人間にしかできない営業スキル”を手に入れるには。

「情報システム」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20047268


IT・IT製品TOP > 情報システム > SFA > SFAのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ