レッドベンド、ソニーモバイルとソフトウェアに関する契約を延長

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


レッドベンド、ソニーモバイルとソフトウェアに関する契約を延長


掲載日:2013/05/29


News

 米レッドベンド・ソフトウェア(レッドベンド)は、ソニーモバイルコミュニケーションズ株式会社(ソニーモバイル)の「Xperia」製品ライン向けにFirmware Over-the-Air(FOTA)アップデートを提供するため、ソニーモバイルとの複数年グローバル・ライセンス契約を延長したことを発表した。

 この契約に基づき、迅速かつ確実にFOTAアップデートを行なうためのレッドベンドの「vRapid Mobile」が、ソニーモバイルのAndroidスマートフォン及びタブレットに組み込まれることになる。レッドベンドは2004年以降、リモート・ソフトウェアアップデートを行なう「vRapid Mobile」及び標準規格に準拠した設定とデバイスマネジメントを行なう「vDirect Mobile」を、ソニーモバイルのブランドの付いた140以上の端末に提供してきた。

 「vRapid Mobile」の特長として、以下4つを挙げている。1つは、特許取得済みのデルタ(差分)アップデート技術に基づいた、迅速かつ安価なFOTAアップデートのダウンロード更新ができること、2つめは特許取得済みのレッドベンドのexe.diff及び“インプレース更新”技術に基づき、費用の高い追加メモリなしでファームウェアをアップデートができるよう、複雑な“読み取り前の書き込み(write-before-read)”問題を解決するのに求められるメモリ要件を低限し、速いアップデートを保証していることであるという。

 3つめは、モバイル端末が完全に使用できる状態のまま、ファームウェアをバックグラウンドでアップデートすることで、最新のファームウェアバージョンを取得する間もユーザが接続を切断せずに通話して、メールを作成するなど端末を利用できること、4つめは、特許取得済みの再パーティション化機能により、システムパーティションの大きさが十分でない場合でも、展開されている端末上への主要なOSアップデート及びアプリケーションのインストールができることであると伝えている。



  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

キーマンズネットの新着情報を、お届けします

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20047241



このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ