採用:ジヤトコ、ソフトウェア開発に「PTC Integrity」を選定

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


採用:ジヤトコ、ソフトウェア開発に「PTC Integrity」を選定


掲載日:2013/05/28


News

 PTCジャパン株式会社は、ジヤトコ株式会社が、トランスミッション制御システムにおけるソフトウェア開発の全社プラットフォームとして、「PTCグローバルソフトウェア開発ソリューション」を選定したことを発表した。

 ジヤトコは、日産自動車の子会社で、オートマチックトランスミッション(ステップ AT、CVT)のグローバルサプライヤ。

 PTCジャパンによると、製造企業の大多数は、製品に集約されるソフトウェアの拡大により増大した複雑性にともなう多くの課題に直面しているという。

 ジヤトコでは、日本をはじめ、アジア、北米などの各開発拠点が推進する密接な協業業務に適したデータ管理、情報共有の仕組みが確率できておらず、グローバルでの制御ソフト開発を難しくしていたという。要件、モデル、テストデータなど必要な開発データの入手に時間がかかり、レスポンスが遅れたり、全社の生産性に悪影響を及ぼしていたとし、更に、バリエーションや変更履歴が一元管理されていないことなどにより、製品ライン全体で非効率さや手戻りが発生していたと伝えている。

 同社は、開発プロセスの効率化や開発資産の効率的な利用を推進するため、開発部門や拠点全体ですべての業務と資産を管理する単一ソリューションを導入する必要性を認識し、すべてのデータを一元管理してデータ間の連携維持、成果物管理の標準化、及び変更管理プロセスの強化を可能にするため、アプリケーションライフサイクル管理(ALM)ソリューションの「PTC Integrity」に基づく「PTCグローバルソフトウェア開発ソリューション」を選定したとしている。

 同ソリューションは、主要な業務プロセスを適した形にし、要件、モデル、コード、テスト情報などのソフトウェア開発における成果物を関連付けることで、ライフサイクル全体のトレーサビリティを確保する。

 製品開発を可視化できることにより、チームの生産性の向上とリアルタイムの部門間連携、更には重複作業や手戻りの削減が可能になり、最終的には開発コストの低減に繋がるとしている。


出荷日・発売日 −−−
価格 −−−

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「開発環境/BaaS」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「開発環境/BaaS」関連情報をランダムに表示しています。

「開発環境/BaaS」関連の製品

ITエンジニアの人月単価は数分の1、ベトナムのオフショア開発でできることは? 【サテライトオフィス】 Magic xpa Application Platform 【マジックソフトウェア・ジャパン】
開発環境/BaaS 開発環境/BaaS
ITエンジニアの人月単価は数分の1、ベトナムのオフショア開発でできることは? クライアント/サーバ、Web、RIA、iOS/Androidなど様々な形態やデバイスのアプリケーションをワンソース・マルチユースで統合開発・実行できるプラットフォーム。

「開発」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20047230


IT・IT製品TOP > 開発 > 開発環境/BaaS > 開発環境/BaaSのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ