ねこじゃらし、ファイル共有で容量などを増強、招待機能も強化

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


ねこじゃらし、ファイル共有で容量などを増強、招待機能も強化


掲載日:2013/05/28


News

 株式会社ねこじゃらしは、ファイル共有サービス「CoreDrive」をバージョンアップした。

 「CoreDrive」では、ファイルがサムネイルのように可視化され、見たまま、すぐに共有できる。Value/Regular/Peakの3プランが用意されていて、今回のバージョンアップでは、それぞれファイル共有数が50/500/5000個まで、ストレージ容量が50GB/50GB/250GBまでに増強された。Valueのみファイルサイズ制限があり、250MBまで。

 招待機能が強化され、グループ機能の“プライベートボード”に「CoreDrive」ユーザ以外も招待できるようになった。メールアドレスを知っている相手とであれば、安全にファイル共有を行なえる。

 費用は月額で、Valueが無料、Regularが500円、Peakが2500円。


出荷日・発売日 −−−
価格 −−−

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「ファイル共有」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「ファイル共有」関連情報をランダムに表示しています。

「ファイル共有」関連の製品

企業間・部門間情報共有プラットフォーム PROCENTER/C 【NEC】 モバイルコンテンツ管理システム「Handbook」 【インフォテリア】 クラウド型ファイル共有サービス Oracle Documents Cloud Service 【日本オラクル】 タブレット用 ギャラリーアプリサービス 「VISIBOARD」 【ソフトバンク コマース&サービス】 タブレット活用ファイル共有クラウド SYNCNEL for Enterprise 【ソフトバンク コマース&サービス】
ファイル共有 ファイル共有 ファイル共有 ファイル共有 ファイル共有
複数サーバに散在する文書やファイルを統合管理できる文書・コンテンツ管理システム。大容量ファイルの高速転送、授受管理が可能で、社外・海外企業との情報共有も効率化。 商品カタログや会議資料、マニュアルなどの各種コンテンツをクラウド・サーバで中央管理して一括配布し、デバイス上の閲覧専用アプリで閲覧できるようにするサービス。 強力なセキュリティとアプリケーション連携を実現する、クラウド型のファイル同期・共有サービス。 製品紹介やプロモーションビデオなどをセットアップし、スタイリッシュに紹介できる、タブレット用のアプリサービス。コンテンツはクラウドCMSにて一括管理が可能。 企業活動で求められる要件である「セキュリティ」「管理・監視」に重点を置いて開発された、ドキュメント・動画・画像などの情報共有を行うためのクラウドサービス。

「情報共有システム・コミュニケーションツール」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20047211


IT・IT製品TOP > 情報共有システム・コミュニケーションツール > ファイル共有 > ファイル共有のITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ