サクサホールディングス、剰余金の配当について発表

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


サクサホールディングス、剰余金の配当について発表


掲載日:2013/05/28


News

 サクサホールディングス株式会社は、5月23日開催の取締役会において、3月31日を基準日とする剰余金の配当について、その予定額を決議したことを発表した。なお、6月27日開催予定の同社第10回定時株主総会に付議する予定であるとしている。

 配当の決定内容は、1株あたりの配当金3円00銭、配当金総額1億7600万円となっている。

 配当の理由として、サクサホールディングスグループは、研究開発や設備投資に備え、内部留保の充実を図りつつ、連結当期純利益の30%以上の配当性向を目標とするためと伝えている。また、当期の期末配当については、2013年3月期の業績を勘案した結果、1株あたり3円とするとしている。



  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

キーマンズネットの新着情報を、お届けします

新着製品レポート

ITシステム変更管理ソフトウェア Netwrix Auditor 【ラネクシー】 次世代マルウェア対策「CylancePROTECT(R)」 【日立ソリューションズ】 ジョブ管理ツール「LoadStar Scheduler」 【ヴィンクス】 Salesforceからの帳票出力を効率化、クラウド帳票サービスで解決できる課題とは 【ウイングアーク1st】 中堅・中小企業の「働き方改革」に勤怠管理システムのクラウド化が必須の理由 【ビッグローブ】
統合ログ管理 アンチウイルス サーバー管理 電子帳票システム IaaS/PaaS
ネットワーク上に蓄積されたActive Directoryやファイルサーバなどの様々な変更ログを一元管理し、セキュリティ情報や稼働情報などのレポートを自動生成。 AI技術を利用した、パターンファイルを必要としないマルウェア対策。未知/既知を問わず、マルウェアが実行される前にエンドポイント上で検知・防御する。 操作マニュアル不要で簡単に操作できるジョブ管理ツール。ソフトバンクが独自開発し、社内利用を行いながら検証を繰り返し最適化。商用ジョブ管理ツールからの移行が容易。 Salesforceからの帳票出力を効率化、クラウド帳票サービスで解決できる課題とは 中堅・中小企業ではなかなか進まなかった人事関連システムのクラウド化。その機運が、ここに来て急速に高まっている。その理由とメリットを探る。
このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20047201



このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ