JM、USB2.0 Type Aコネクタ搭載のKVMエクステンダーを発売

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


JM、USB2.0 Type Aコネクタ搭載のKVMエクステンダーを発売


掲載日:2013/05/28


News

 ジャパンマテリアル株式会社(JM)は、加Matrox開発の出力延長ユニットの新ラインアップ「Matrox Avio F125」を6月に発売する。価格はオープン価格。

 「Matrox Avio」シリーズは、光ファイバで接続するKVMエクステンダーで、最長4kmの出力延長を行なえ、離れた場所にあるPCの出力を延長し、最大2面までのマルチモニタ表示を行なえる。非圧縮データを遅延やノイズを回避して出力でき、ホストPCの画像をそのまま延長できるため、3D CADアプリケーションや動画などのリッチコンテンツも遅延なく表示・操作できる。

 PCと直接接続するトランスミッターユニットと、トランスミッターユニットから光ファイバケーブルで接続してモニタに出力するレシーバーユニットで構成されている。各ユニットはUSB2.0コネクタを装備し、マウス・キーボードなどのHIDデバイスに接続してPCを遠隔操作することもできる。また、音声入出力機能も搭載している。

 DVIシングルリンク(1920×1200ドット 60Hz)2系統、またはデュアルリンクDVI(2560×1600ドット 60Hz)1系統をサポートしている。

 今回発売される「Matrox Avio F125」は、レシーバーユニットにUSB2.0 Type Aコネクタを搭載し、HIDデバイスに加え、USBストレージやDVDドライブ、タッチスクリーン、プリンタ、スキャナなどもサポートする。


出荷日・発売日 −−−
価格 オープン価格

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「サーバー」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20047193


IT・IT製品TOP > サーバー > KVMスイッチ > KVMスイッチのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ