NTTデータとディーバ、グローバル経営管理ソリューションを提供

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


NTTデータとディーバ、グローバル経営管理ソリューションを提供


掲載日:2013/05/28


News

 株式会社NTTデータと株式会社ディーバは、東洋ビジネスエンジニアリング株式会社(B-EN-G)の「MCFrame XA 経営管理」を組み込んで、製造業向けに、バリューチェーン再編の意思決定を支援するソリューションの提供を7月に開始する。

 今回提供されるソリューションでは、財管一致の考え方を基礎に、グローバルレベルで製品別収益を把握することで、意思決定を支援する。また、連結グループの原価情報を管理し、連結グループベースの地域別・チャネル別・製品別・顧客別PLなど、多角的な分析軸での経営分析・原価分析を行なえる。

 NTTデータとディーバが共同開発した「Biz∫G元帳」に、ユーザのグループ各社の受発注システム・会計システムから、売上・製造原価・販売費などの経営情報を取り込み、グループ統合のDBを構築する。個々の製品の原価情報は、「MCFrame XA 経営管理」で算出した連結ベースの製品別製造原価情報を活用する。

 これらグループ各社の経営情報を統合的に管理することで、連結ベースまたは会社別の製品別損益表、連結ベースまたは会社別の製品別・事業別限界利益管理表、顧客別や利用目的別などの管理単位に集計した収益管理表、拠点ごと・会社ごとの材料・部品の調達価格比較や在庫水準などの比較分析、といった管理レポートを出力でき、グループ全体の業務プロセスの把握・改善項目の特定・分析業務のタイムリー性向上などグループ経営管理を支援する。

 異なるシステムを有するグループ各社から、きめ細かな経営情報を収集し、データ処理・分析レポートを提供するために、グローバル経営情報の収集などの機能を搭載している。グローバル経営情報の収集では、データ構造の異なる財務会計データや非会計情報の収集とデータ構造の自動変換などを行なえる。また、グローバルやグループごとに個別情報を統合し、製品別の連結製品原価情報を算出できるほか、グローバルレベルでのセグメントPLを作成し、経営判断を行なう分析レポートを提供する。


出荷日・発売日 −−−
価格 −−−

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

◆関連記事を探す

「ERP」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「ERP」関連情報をランダムに表示しています。

「ERP」関連の製品

BusinessACXEL 【電通国際情報サービス】 中堅・中小企業向け基幹業務ERP MJSLINK NX-I 【ミロク情報サービス】 ProActive E2(プロアクティブイーツー) 【SCSK】 資産管理業務 5つの改善例:IFRS対応やシミュレーション機能も 【クレオマーケティング】 統合業務ソフトウェア OBIC7 【オービック】
ERP ERP ERP ERP ERP
SAPをクラウド上で利用できる月額利用料型サービス。クラウドサービスというTCOに優れた形態で、SAP ERPのメリットを享受できる。 強力な管理会計機能を備えたERPパッケージ。
業務効率の更なる向上と知的生産の向上に寄与する仕組みを搭載。
シリーズとしての機能を継承しつつ約200の機能アップを実現。
会計、販売、生産、資産、人事給与など、基幹業務全般をカバーし、豊富な機能より高い業務適合率を実現。パッケージ利用のメリットを最大限に享受できる超寿命なERP。 高価な資産管理システムが無駄になる前に 5つの事例で導入シナリオを学ぶ 会計・人事・販売・生産の各業務システムは個別導入が可能。様々な業種に対応するテンプレートをもつ統合業務ソフトウェア。

「基幹系システム」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20047188


IT・IT製品TOP > 基幹系システム > ERP > ERPのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ