採用:ANAグループ、BSPのITサービスマネジメントサービスを導入

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


採用:ANAグループ、BSPのITサービスマネジメントサービスを導入


掲載日:2013/05/27


News

 株式会社ビーエスピー(BSP)は、同社のITサービスマネジメントクラウド型サービス「LMIS on cloud」が、ANAグループの全業務システムを対象とした、ITIL運用管理システムと運用支援ツールの統合管理基盤として採用されたと発表した。

 今回の「LMIS on cloud」採用における主な選定ポイントは、以下4点と伝えている。

 1つはITサービスマネジメントに必要なITIL準拠の管理機能を備えていること、2つめは短期のカスタマイズ開発と継続的なバージョンアップを両立させるコンフィグレーション機能を実装しており、部門、業務に依存する個別の管理項目やワークフローの設定と変更を標準機能として提供し、短期の初期構築と継続的な機能強化を可能にしていること、3つめは実績に基づく信頼性で、同製品は全世界10万社以上の利用実績を持つクラウド型サービス基盤上で稼働していること、4つめはコストパフォーマンスの高さで、クラウドサービスとしての運用コスト削減効果のほか、標準機能の幅広さ、初期開発期間の短さ、導入後の変更やメンテナンスの容易さ、継続的な機能強化により、コストパフォーマンスの向上を図れることを挙げている。


出荷日・発売日 −−−
価格 −−−

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「統合運用管理」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「統合運用管理」関連情報をランダムに表示しています。

「統合運用管理」関連の製品

運用基盤クラウドサービス mPLAT 【野村総合研究所】 Senju DevOperation Conductor 【野村総合研究所】 HPEが“持ち出し”も辞さない「IT投資保護」プログラムを開発した理由 【日本ヒューレット・パッカード】 ITIL運用の最適解は? “残念なIT部門”を変えるITサービス管理ツールの条件 【クレオ】 IT部門の“重荷”にならないマルチクラウド体制の作り方 【ヴイエムウェア+他】
統合運用管理 統合運用管理 統合運用管理 統合運用管理 統合運用管理
システム運用に必要な機能をSaaS型で提供するクラウドサービス。Senju Familyベースのサービスを必要な部分のみ選択することにより、最適な運用環境を短期間に実現。 「見やすく」「使いやすい」運用管理ツール。5つのサブシステムで構成され、システム全体の可視化と運用自動化を統一されたインタフェースで一元的に行える。 コモディティ化が速いITインフラでハコモノと技術を買うのはナンセンス。とはいえハコが不要なわけではない。IT投資を無駄にしないために、われわれは「何」を買うべきか。 システムの運用管理基準ITIL、注目の「ライフサイクル管理」とは? IT部門の“重荷”にならないマルチクラウド体制の作り方

「運用管理」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20047166


IT・IT製品TOP > 運用管理 > 統合運用管理 > 統合運用管理のITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ