DAL、SFTPクライアント機能などを装備したEDI製品の新版を発売

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


DAL、SFTPクライアント機能などを装備したEDI製品の新版を発売


掲載日:2013/05/27


News

 株式会社データ・アプリケーション(DAL)は、EDI(電子データ交換)パッケージ・ソフトウェア「ACMS」シリーズの新版「バージョン4」を5月31日に発売する。

 今回発売されるのは、企業内外のシステムやアプリケーションをシームレスに連携するB to Bインテグレーション・サーバ「ACMS E2X」と、企業間のデータ連携をスムーズに行なう環境を容易に構築できるB to Bサーバ「ACMS B2B」の2製品の新版。SFTP(SSH File Transfer Protocol)クライアント機能を装備したことで、SSH v2やSFTP v3を利用した通信を行なえるほか、OpenSSH形式の秘密鍵/公開鍵の作成やサーバ公開鍵の管理を行なえる。これにより、インターネットを利用した企業間電子商取引や社内システム連携に加え、クラウドサービスとの連携で、暗号化された通信路を使用して、より安全にファイルを送受信できる。

 「ACMS」運用者のログインからログアウトまでの全操作を記録する“画面遷移操作記録機能”が搭載され、内部統制でリスクマネジメントのニーズに対応できる。「バージョン4.1」以降で、取引先との通信状況や通信回線の利用状況などを可視化できる“運用監視機能”が搭載される予定で、システム障害の予防/早期発見と迅速な対処を図れ、運用コストの削減やビジネス継続性/顧客満足度の向上を支援する。

 また、Web-EDIシステムを構築するJavaベースのソフトウェア・フレームワーク「ACMS WebFramer」(7月提供開始予定)で開発したWeb-EDIシステムと連携でき、本格的なEDIシステムとWeb-EDIシステムをシームレスにつないで一元管理できる上、社内の基幹システムと接続してリアルタイム取引環境を構築できる。

 価格は、「ACMS E2X 4.0」が150万円から、「ACMS B2B 4.0」が100万円から。


出荷日・発売日 2013年5月31日 発売
価格 −−−

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「EDI」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「EDI」関連情報をランダムに表示しています。

「EDI」関連の製品

受発注業務効率化ソリューション(WEB-EDI) 「LINK-EDI」 【東計電算】 企業間B2B/EDIデータ連携サービス OpenText Managed Services 【GXS】 Hi-PerBT ウェブ購買(製造業向けWeb-EDI) 【日立ソリューションズ西日本】 クラウド型企業間購買支援サービス 「購買WEBEDI/STANDARD」 【NEC】
EDI EDI EDI EDI
24時間365日安心・安全な運用サービスを提供する東計電算データセンター上で利用可能なWEB-EDIクラウドサービス。 B2Bデータ連携を実現するEDIクラウドサービス。マッピング(データフォーマット変換)、テスト、取引先導入支援など、必要な作業をOpenText GXSのチームが支援する。 製造業の発注から支払処理までの効率化に貢献する購買業務改善パッケージ。発注元はWebブラウザで管理、取引先はWebブラウザとWeb接続環境で利用でき、納期管理が楽に。 資材・原材料などの企業間購買業務のクラウドサービス。多言語、多通貨に対応。カスタマイズにより「自社専用システム」のような環境を実現可能。

「基幹系システム」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20047144


IT・IT製品TOP > 基幹系システム > EDI > EDIのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ