日本IBM、大成建設と建物の運用管理コスト削減の実証実験完了

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


日本IBM、大成建設と建物の運用管理コスト削減の実証実験完了


掲載日:2013/05/24


News

 日本アイ・ビー・エム株式会社(日本IBM)は、大成建設株式会社と建物のライフサイクルコスト全体の削減を目指すための取り組みとして、3次元の建物情報やその属性情報をデータ化した“BIM”(ビルディング・インフォメーション・モデリング)と効率的な設備の保全管理を支援する“FM”(ファシリティ・マネジメント)向けIBMソフトウェア「IBM Maximo」を連携させる実証実験を行なったと発表した。

 実証実験は2012年10月〜12月までの3ヵ月間、日本IBMの大阪ビルを対象に実施され、1974年竣工、地上12階、地下4階の同ビルの図面による設計情報を、Autodesk,Inc.(オートデスク)のソフトウェア「Autodesk Revit」を利用してBIMデータとして作成し、データフォーマットの“COBie”を介して、「IBM Maximo」と連携させた。

 同実験では、BIMの設計情報から作成された設備台帳を、FMの設備台帳として利用することにより、新たに設備情報を入力せずに、設計段階から保全段階までを包含し整備された設備台帳を作成することが可能になったとし、統一された設備台帳が作成できたため、不具合などの発生による修繕の際にも設備機器や設置場所の特定がしやすく保全業務の生産性向上に繋がったという。また、個々の耐用年数や使用状況に基づいた設備機器の交換、延命の判断によるキャッシュアウト抑制効果、といった効果が検証できたと伝えている。そのほか、建物の建築前でも保全計画を策定しやすいため、建物のライフサイクルコスト全体を考慮しながら設計でき、建物の価値向上に役立つことも検証できたとしている。

 今回の検証結果により、BIMとFMの連携によって、約10%から20%の運用コストの削減が見込めることが判明したとしている。具体的には、例えば建築費100億円のビルを想定した場合、約320億円と想定される保全修繕改良費の約13%に相当する約41億円の削減効果が見込めることが判明したと伝えている。

 大成建設は、同ビルの図面からBIMデータを作成すること、BIMから移行する際の技術的な課題の解消を主に担当し、日本IBMは、同ビルの設計情報の提供、BIMデータから「IBM Maximo」へと連携させて稼働させることを主に担当し、定量効果の算定は両社で行なった。



  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

キーマンズネットの新着情報を、お届けします

新着製品レポート

ストレージ基盤事例:刷新効果はパフォーマンス改善だけじゃない 【ネットアップ】 アーキテクチャの5原則が導く次世代データセンターへの変革 【ネットアップ】 次世代事業継続ソリューション「Veritas Resiliency Platform」 【ベリタステクノロジーズ合同会社】 ファイルサーバ統合管理システム「GDMS」 【ジャストシステム】 ファイルサーバー管理ツール「GDMS」 【ジャストシステム】
NAS データセンター運用 バックアップサービス サーバー管理 サーバー管理
ストレージ基盤導入事例――刷新効果はパフォーマンス改善だけじゃない アーキテクチャの5原則が導く次世代データセンターのデザインとメリット 企業に眠るデータから洞察を引き出すための4ステップ 肥大化したファイルサーバを素早く「状況把握」「整理」するシステム。アクセス権の設定や変更、申請・承認フローまで自動化し、アクセス権管理を一元化する機能も有する。 肥大化したファイルサーバの状況を「素早く可視化」し、「簡単操作で整理」できる管理システム。アーカイブやアクセス権管理機能も搭載。
このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20047115



このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ