NRI、2018年度までの“ITロードマップ”を発表

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


NRI、2018年度までの“ITロードマップ”を発表


掲載日:2013/05/24


News

 株式会社野村総合研究所(NRI)は、2018年度までの“BYOD関連技術の進化と、企業へのインパクト”を予測した“ITロードマップ”をとりまとめたと発表した。

 “ITロードマップ”は、今後、ビジネスの現場で個人のスマートデバイスが利用される機会が増え、生産性向上とモバイルビジネスの一層の拡大が進むと予想し、2018年までの、BYOD(Bring Your Own Device)に関連した技術の進歩により、ビジネスの現場にどのような変化が起こるかを、それを支える主な技術とともにNRIで予測したもの。

 同予想によると、2013〜2014年度をBYOD黎明期(デバイス管理の時代)とし、多くの企業がBYODを検討するが利用シーンは限定的で、セキュリティリスクを考慮し、企業メールを利用した連絡網の確保や情報共有などが、BYOD採用企業の主な利用シーンであるとしている。

 現在提供されている多くのMDM(モバイルデバイス管理)では、社員が個人用途で利用しているアプリケーションの内容や通信履歴も把握できるため、公私利用の分離が難しく、企業が社員のプライバシーを侵害する恐れがあると伝えている。

 2015〜2016年度は、BYOD発展期(アプリケーション/データ管理の時代)とし、個人の端末でセキュアな公私分離が可能になり、業務アプリを本格利用する先進事例が登場するとしている。

 公私分離技術を用いたソリューションは、2012年ごろから米国の通信事業者や仮想化技術ベンダが取り組みを強化しているとし、業務アプリケーション利用時の安全性を高めることができるため、スマートデバイスの本格的な業務利用を促進することが期待されていると伝えている。

 2017年度以降は、BYOD普及期(Bring Your Ownの時代)とし、場所やアプリに応じて柔軟に接続先を設定できるネットワーク技術の利用により、会社や個人が所有する端末やサービスを適材適所で活用する業務スタイルが可能になると伝えている。

 この時期には、社員がいる場所や利用するアプリケーションなど、状況に合わせて柔軟にネットワークポリシーを適用できる、コンテキストアウェア(ユーザの興味・関心や行動状況といったコンテキスト情報を推定する技術やそれらに関する概念)型のパーソナルLANの構築が可能になるとしている。



関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

キーマンズネットの新着情報を、お届けします

新着製品レポート

オールインワンBIツール Actionista! 【ジャストシステム】 手間やコストを極力かけず、企業ITの認証環境を強化する 【エントラストジャパン】 脱ExcelやiPad対応、事例で分かる業務アプリ開発の4大課題解決法 【セールスフォース・ドットコム】 見込み客獲得型オウンドメディアの立ち上げ方 【イノーバ】 BCP/DR対策 他、課題解決に直結するITインフラ最適化 【日本ヒューレット・パッカード+他】
BI 認証 開発環境/BaaS CMS サーバー仮想化
“かんたん、きれい、分かりやすい”
「誰でも分析」を実現するオールインワンBIツール。誰でも簡単に本格的な分析が行え、分析結果を組織内で自由に共有することが可能。
サイバー攻撃の巧妙化、クラウド利用の拡大などによって、今まで以上に認証の重要度は増している。手間やコストを極力かけず、企業ITの認証環境を強化するための勘所とは? 脱ExcelやiPad対応、事例で分かる業務アプリ開発の「4大課題」解決法 Webの売り上げ・問い合わせ向上、見込み客獲得型オウンドメディアの立ち上げ方 サーバ仮想化からBCP/DR対策まで、課題解決に直結するITインフラ最適化
このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20047114



このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ