コアマイクロシステムズ、CiB型ZFS/WindowsスケーラブルNAS発売

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


コアマイクロシステムズ、CiB型ZFS/WindowsスケーラブルNAS発売


掲載日:2013/05/24


News

 コアマイクロシステムズ株式会社は、Cluster in a Box型(CiB型)高可用性スケーラブルNASで、ZFS/Nexentastorベースの「PrimeSTOR CiB」と、Windows Storage Server 2012ベースの「WinSTOR CiB」を7月1日に発売する。

 いずれも、デュアルアクティブNAS/SANコントローラ構成で、スケーラブルディスクエンクロージャ拡張(2u/12ベイ基本NAS筐体+拡張JBOD筐体)に対応する。Xeon E5プロセッサを最大4基搭載でき、L1キャッシュを最大1TB搭載できる。ホットスワップ冗長コントローラ/電源ユニット/ファンユニット/HDD/SSDを備えているほか、4u/24ベイと4u/60ベイの拡張JBOD筐体が用意されている。

 「PrimeSTOR CiB」は、フルユニファイドI/O(FC、iSCSI、Infiniband、CIFS/NFS、FTP/HTTP)に対応し、8/16G FC、10GbE/40GbE、40G/56G Infinibandをサポートしている。128ビットZFSを採用し、ほぼ無制限の容量拡張性を備えている。階層型ダイナミック拡張ストレージプール構造(DRAM、SSD、HDD)で、ダイナミック拡張可能な大容量キャッシュメカニズムを備えている。無制限スナップショット/クローンに対応しているほか、リアルタイムインラインデータ圧縮/重複排除機能を備えている。データ保護機能(多重ミラー/RAID-Z)と修復機能を備え、Active/Active ハイアベイラビリティ・クラスタ構成に対応している。ローカル/リモート/クラウドレプリケーションをサポートしているほか、トレース&モニタリング機能(パフォーマンス/リソース/ログ)を備えている。

 「WinSTOR CiB」は、ユニファイドI/O(iSCSI、Infiniband、SMB/CIFS、NFS、FTP/HTTP)に対応し、10GbE/40GbE、40G/56G Infinibandをサポートしている。64ビットNTFS/ReFSでの大容量拡張に対応しているほか、Windows Storage Spaceでのダイナミック拡張ストレージプール構造を備えている。フルアクティブクラスタ共有ストレージプール(CSV)&キャッシュを備え、最大512世代のスナップショットに対応する。ポスト処理型ブロックレベル高効率重複排除機能や、データ保護機能(多重ミラー/パリティー)、修復機能を備えている。Full activeクラスタ構成、ローカル/リモートレプリケーションに対応し、容易な管理機能を備えている。

 参考定価は、「PrimeSTOR CiB」(8TB〜)が250万円から、「WinSTOR CiB」(8TB〜)が150万円から。


出荷日・発売日 2013年7月1日 発売
価格 −−−

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「ストレージ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20047097


IT・IT製品TOP > ストレージ > SAN > SANのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ