オラクル、ビジネスにおける効果という観点からクラウド調査実施

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


オラクル、ビジネスにおける効果という観点からクラウド調査実施


掲載日:2013/05/23


News

 米オラクル・コーポレーションは、“Cloud for Business Managers:the Good,the Bad,and the Ugly” レポート結果を発表した。

 “Cloud for Business Managers:the Good,the Bad,and the Ugly”は、オラクルと市場調査会社Dynamic Marketsが共同で、世界の売上6500万ドル以上の企業の1355人のエグゼクティブを対象に、クラウド・アプリケーションが業務の俊敏性と効率を改善するという期待に応えているかどうかを確認するために行なわれた調査。

 今回の調査により、世界の大半の企業がビジネス機能に合わせてクラウド・アプリケーションを適切に統合しきれていないことが明らかになったとしている。

 同レポートの主な結果として、回答者の半数以上(54%)が、クラウド統合の問題が原因で過去6ヵ月間にスタッフの非稼働時間が生じた経験があると答えていて、使用しない部門までもが、クラウド・アプリケーションを使用する他部門の影響を受けているとしている。

 また、クラウド・アプリケーションの統合が不十分なためにアプリケーションが他の業務機能から孤立してしまい、半数以上の企業(52%)が期限の遅れを経験し、4分の3(75%)が、革新力が損なわれたと回答していると伝えている。

 クラウド・アプリケーションを導入する大半の企業の主目的の1つが、業務の俊敏性と効率の改善であったにもかかわらず、多くの企業が業務の非効率と革新に関する課題を訴えているとしている。

 同社は、クラウド・アプリケーションには、ビジネス・パフォーマンスを向上させ、同時にコストを削減する威力があるが、それは業務間での連携が取れていればこその話だとし、クラウド・サービスへの登録は比較的容易であるが、そのアプリケーションがオンプレミス・システムや他のクラウド・アプリケーションを含む社内の残りの部門にも適合するかどうかを十分に検討する必要があると伝えている。



  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

キーマンズネットの新着情報を、お届けします

新着製品レポート

次世代事業継続ソリューション「Veritas Resiliency Platform」 【ベリタステクノロジーズ合同会社】 ファイルサーバ統合管理システム「GDMS」 【ジャストシステム】 ファイルサーバー管理ツール「GDMS」 【ジャストシステム】 肥大化するデータをどう対処する? ファイルサーバの課題とは 【ジャストシステム】 x86サーバのキーマンによる対談からx86サーバの魅力を解説 【レノボ・ジャパン株式会社】
バックアップサービス サーバー管理 サーバー管理 サーバー管理 PCサーバ
企業に眠るデータから洞察を引き出すための4ステップ 肥大化したファイルサーバを素早く「状況把握」「整理」するシステム。アクセス権の設定や変更、申請・承認フローまで自動化し、アクセス権管理を一元化する機能も有する。 肥大化したファイルサーバの状況を「素早く可視化」し、「簡単操作で整理」できる管理システム。アーカイブやアクセス権管理機能も搭載。 肥大化するデータをどう対処する? 読者に聞いたファイルサーバの課題とは どのベンダーで買っても同じか? キーマンが語るx86サーバの今と未来
このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20047071



このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ