ソフトバンクテレコム、被災企業などにGoogle Appsを1年無償提供

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


ソフトバンクテレコム、被災企業などにGoogle Appsを1年無償提供


掲載日:2013/05/22


News

 ソフトバンクテレコム株式会社は、東日本大震災被災地の企業や各種団体向けに、Googleが提供する“東日本復興支援プログラムInnovation Tohoku”に基づき、「Google Apps for Business」を1年間無償で提供する。

 今回無償提供されるのは、「Google Apps for Business」1年間を上限としたライセンスと、同社の“SoftBank Google 法人サポートセンター”による導入後のサポート。

 提供の対象は、宮城/福島/岩手3県に本拠地を持つ企業/自治体/公共団体/認定NPO。また、企業内の多くの活動(事業所/工場など)が同3県にある場合、審査の対象となる。いずれも従業員数が1000名以下に限る。申込期間は5月21日から8月31日で、状況により延長される場合がある。


出荷日・発売日 −−−
価格 無償

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「情報共有システム・コミュニケーションツール」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20047042


IT・IT製品TOP > 情報共有システム・コミュニケーションツール > その他情報共有システム関連 > その他情報共有システム関連のITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ