チェック・ポイント、未知のフィッシングとボット攻撃を検出

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


チェック・ポイント、未知のフィッシングとボット攻撃を検出


掲載日:2013/05/22


News

 チェック・ポイント・ソフトウェア・テクノロジーズ株式会社は、同社の「Threat Emulation Software Blade」が新しいフィッシングとボット攻撃を検出したと発表した。

 「Threat Emulation Software Blade」は、未知の脆弱性やゼロデイ攻撃、標的型攻撃の被害を防ぎ、不審なファイルを発見後、直ちに実行をエミュレートして不正活動の有無を確認し、ネットワークへの侵入を試みるマルウェアを遮断する。新たに見つかった脅威の情報はチェック・ポイントの“ThreatCloud”サービスに報告され、同サービスを利用している他のチェック・ポイント・ゲートウェイと自動的に共有される。

 今回検出された攻撃は、大規模かつグローバルな企業数社の社員に対し、CVE-2012-0158の脆弱性を悪用するマルウェアの亜種をメールで送り付ける攻撃で、「Threat Emulation Software Blade」は、サンドボックスを利用した脅威エミュレーション技術により、ウィルス・シグネチャが公開される前の段階でこの攻撃を検出したと伝えている。

 同攻撃は、シティバンクやバンクオブアメリカを装ったフィッシング・メールを標的に送信するところから始まり、メールには、“Merchant Statement”(取引明細)などの件名が付けられており、本文には添付のMicrosoft Wordファイルを開くように書かれている。しかしこのファイルを開くと、取引明細が表示される代わりに、ファイルに埋め込まれたマルウェアが自動実行されることにより、PCががマルウェアに感染し、大規模なボットネットに組み込まれる。PCに感染したマルウェアはネットワーク・ポートを開いて指令サーバと通信できるようにし、ログインIDやパスワードなどの認証情報を盗み出すという。最大の特徴は、自己拡散型のスパム・ボットとして指令サーバから命令を受け取り、新たな標的に不正メールを送信することだとしている。



関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

キーマンズネットの新着情報を、お届けします

新着製品レポート

実例:経営企画室長、グループウェア導入で組織風土を変える 【リスモン・ビジネス・ポータル】 EU「一般データ保護規則」(GDPR)対策の遅れを短期間で取り戻す方法 【Splunk Services Japan】 ビッグデータ活用ガイド:50種類以上のデータごとに活用事例を解説 【Splunk Services Japan】 企業が対応すべき「20のセキュリティコントロール」とは? 【Splunk Services Japan】 AIがいち早く異常を検知、内部対策を備えた多層防御の実力とは? 【日本テレマティーク】
グループウェア 統合ログ管理 ビッグデータ 統合ログ管理 フィルタリング
ツールの導入は簡単だが、定着して効果が出るかは別問題。グループウェア導入から約1年で組織風土を変革、離職率低減の成果を上げた企業は、何に取り組んだのかを取材した EU「一般データ保護規則」(GDPR)対策の遅れを短期間で取り戻す方法 ビッグデータ活用ガイド:50種類以上のデータごとに活用事例を解説 企業が対応すべき「20のセキュリティコントロール」とは? AIがいち早く異常を検知、内部対策を備えた多層防御の実力とは?
このページの先頭へ


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20047032



このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ