採用:AGSクラウドサービス基盤に日商エレ「Nissho-Blocks」導入

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


採用:AGSクラウドサービス基盤に日商エレ「Nissho-Blocks」導入


掲載日:2013/05/21


News

 日商エレクトロニクス株式会社(日商エレ)は、AGS株式会社のクラウドサービス「AGS」クラウドαの基盤に、IaaS向けICT基盤構築ソリューション「Nissho-Blocks」が導入されたことを発表した。

 「Nissho-Blocks」は、サーバ、ストレージ、ネットワーク、クラウド管理ソフトウェア、ハイパーバイザを適した構成に組み合わせて事前検証した、リファレンスアーキテクチャをベースとする日商エレ独自のソリューション。

 AGSでは、従来のサーバ仮想化を利用したクラウドサービスにおいてサーバリソースの追加や柔軟なネットワークの提供が迅速に行なえておらず、より競争力のあるサービスを提供するためにクラウド管理ツールを導入したIaaS型クラウド基盤構築を必要としていたという。

 IaaS型クラウド基盤構築のノウハウを持つパートナーなどを検討した結果、同ソリューションは、「Citrix CloudPlatform powered by Apache Cloudstack」を事前検証したリファレンスアーキテクチャを採用しているため、自社内での設計・検証する工数を大きく抑えられることや、リファレンスアーキテクチャをベースにしていながら柔軟な構成変更に対応できるため、既存インフラストラクチャと連携させることで資産を有効活用できることが決め手となり、採用されたとしている。

 ほかにも、日商エレは、技術力に加えて、海外ベンダとのパートナーシップと製品力、国内外のクラウドソリューションの情報収集力があり、クラウド事業企画に有用な情報を得られることも採用の理由となったとしている。

 「AGS」クラウドαは、採用決定から3ヵ月でサービスインし、3月よりサービスを開始している。同ソリューションを導入したことでクラウド基盤が充実し、パブリッククラウドサービスだけでなくハウジングの顧客にとっても適したシステム稼働環境を提供できるようになったと伝えている。


出荷日・発売日 −−−
価格 −−−

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

◆関連記事を探す

「垂直統合型システム」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「垂直統合型システム」関連情報をランダムに表示しています。

「垂直統合型システム」関連の製品

多様なビジネス機能を数秒で用意、次世代型ハイブリッドITインフラの実力は? 【日本ヒューレット・パッカード】 ハイパーコンバージド選びで最重要なストレージ技術“3つのキーワード”は 【ソフトバンク コマース&サービス+他】 「ひとり情シス」が本当に助かるハイパーコンバージドとは? 【ヴイエムウェア株式会社】 VDI基盤の運用コストを最適化、北陸銀行が目指した理想のITインフラとは? 【日商エレクトロニクス】 注目機能を解説、ビジネス変化に強いハイパーコンバージドインフラの見極め方 【日商エレクトロニクス】
垂直統合型システム 垂直統合型システム 垂直統合型システム 垂直統合型システム 垂直統合型システム
動画で分かる:アイデアを迅速に価値に変える次世代ITインフラとは? サーバやストレージを1つの筐体で提供するハイパーコンバージドインフラが注目されている。どのように製品を選ぶべきか。チェックしたいのは3つのキーワードだ。 サーバ1台から始められる注目のハイパーコンバージド VDI基盤の運用コストを最適化、北陸銀行が目指した理想のITインフラとは? 注目機能を解説、ビジネス変化に強いハイパーコンバージドインフラの見極め方

「仮想化」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20046982


IT・IT製品TOP > 仮想化 > 垂直統合型システム > 垂直統合型システムのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ