マカフィー、4月のサイバー脅威の状況を発表

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


マカフィー、4月のサイバー脅威の状況を発表


掲載日:2013/05/21


News

 マカフィー株式会社は、4月のサイバー脅威の状況を発表した。

 今回発表されたのは、マカフィーのデータセンタで把握している情報をもとにトップ10を算出し、マカフィーの研究機関であるMcAfee Labsの研究員が分析したもの。

 同分析によると、4月もこれまでと同様に、脆弱性を悪用したドライブ・バイ・ダウンロード攻撃に関連した脅威がランキングの大部分を占めていて、これは、日本だけでなく世界中で見られる傾向となっている。

 検知会社数ランクの4位、6位、10位はExploit―StyKitで、これはStylx Exploit Kitと呼ばれるドライブ・バイ・ダウンロードの攻撃の最初の段階で使われる不正なリダイレクトを検知するものであるという。同様に同8位はBlackholeのリダイレクトであるJS/Exploit-Blacoleであり、同1位のJS/Redirector、2位のJS/IFrame、9位のJS/Exploitなども不正なリダイレクト一般を対象にしたものだと伝えている。

 ドライブ・バイ・ダウンロードで使われる様々なファイルの特徴は攻撃の種類によって異なるが、不正なリダイレクトからAdobe Reader、Flash Player、JRE(Java Runtime Environment)などの脆弱性を悪用する攻撃を経て、最終的に様々なトロイの木馬をインストールするに至る点は共通だという。

 攻撃を防ぐためにはInternet Explorer、Adobe Reader、Flash Player、JREなどのアプリケーションを常に最新の状態にしておくことが大切だとし、特にJavaに関連した脆弱性は、実際の攻撃に悪用されているものだけに限ってもほぼ毎月のペースで新たなものが発見されているとしている。実際、Internet Explorerの脆弱性CVE-2013-1347及びJREの脆弱性CVE-2013-2423が発見され、攻撃に悪用されており、十分な警戒が必要だと伝えている。

 また、PUP(不審なプログラム)については従来と比べて大きな変化はないとし、全体的な件数は前年から大きく下がっており、PUPが従来ほど活発でないことがわかるとしている。



  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

キーマンズネットの新着情報を、お届けします

新着製品レポート

サイバーリスク保険 【ファーストプレイス】 サイバーリスク保険 【ファーストプレイス】 ビジネスチャンスをつかむ糸口、「名刺」の正しいデータ活用法 【サンブリッジ】 「どこでも働ける」環境は損か得か? 調査で分かった間違えた思い込み 【ポリコムジャパン】 あらゆるリソースを自由に組み替えられる「コンポーザブル・インフラ」とは? 【日本ヒューレット・パッカード】
その他ネットワークセキュリティ関連 その他ネットワークセキュリティ関連 SFA テレビ会議/ビデオ会議 垂直統合型システム
費用対効果で見るサイバー攻撃対策、リスクゼロを目指すよりも確実な選択肢は? IT事業者が損害賠償請求された場合、保険加入でどこまで補償されるのか? ビジネス活動の糸口となる名刺。社内共有の取り組みが盛んになってきたが、そこで満足する企業も多い。本来の目的である営業活動の最適化、売り上げ拡大に必要な視点とは。 「どこでも働ける」環境は損か得か? 調査で分かった間違えた思い込み あらゆるリソースを自由に組み替えられる「コンポーザブル・インフラ」とは?
このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20046965



このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ