米GXS、データ連携クラウドサービスの収益が20%増の成長

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


米GXS、データ連携クラウドサービスの収益が20%増の成長


掲載日:2013/05/20


News

 米GXS社は、2012年のグローバルB to Bデータ連携クラウドサービス「GXS Managed Services」ビジネスが通貨調整ベースで20%成長となったことを発表した。

 2004年の提供開始以来、「Managed Services」はGXSの主力サービスで、その収益は、2009年から2012年までの3年間のCAGR(年平均成長率)が23.6%、2012年度(1月1日〜12月31日)の総収益の約37%を占めているという。

 GXSによると、同サービスを利用することで、ユーザはサプライチェーンライフサイクル全体を接続して自動化でき、必要な社内リソースを懸念せずに中核業務に集中できるという。

 また、スキルを持つB to Bデータ連携・統合スペシャリストが、ERP統合やデータフォーマット変換、新規取引先代行接続支援、技術サポートなど、日々の作業をユーザに代わって実施し、企業はB to Bデータ連携ネットワークを構築して拡張していくことを容易に行なえる。

 同サービスを利用したユーザは消費財や金融サービス、ハイテク、製造、小売などの企業で、様々な規模のユーザが顧客やサプライヤ、銀行、輸送業者などのビジネスパートナーと接続しているという。



関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

キーマンズネットの新着情報を、お届けします

新着製品レポート

ビジネス変革を目指す企業が導入すべき「攻めのITインフラ」とは 【ネットワンシステムズ株式会社】 EU一般データ保護規則(GDPR)をコンプライアンス施策だけで終わらせないために 【日本アイ・ビー・エム】 166社調査で見えた無線LAN導入・運用のヒント――多くの企業がつまずいたのは? 【エヌ・ティ・ティ・データ・ジェトロニクス】 ハイブリッドクラウド時代のプロセッサはアーキテクチャで選ぶ 【インテル】 安全性とコンプライアンスを両立、先進企業4社のタッグで生まれたクラウド基盤 【インテル】
統合運用管理 その他データ分析関連 無線LAN IaaS/PaaS IaaS/PaaS
ビジネス変革を目指す企業が導入すべき「攻めのITインフラ」とは EU一般データ保護規則(GDPR)をコンプライアンス施策だけで終わらせないために 166社調査で見えた無線LAN導入・運用のヒント――多くの企業がつまずいたのは? ハイブリッドクラウド時代のプロセッサはアーキテクチャで選ぶ 安全性とコンプライアンスを両立、先進企業4社のタッグで生まれたクラウド基盤
このページの先頭へ


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20046935



このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ