オージス総研、コアソフト開発元PrimeKeyとパートナー契約を締結

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


オージス総研、コアソフト開発元PrimeKeyとパートナー契約を締結


掲載日:2013/05/20


News

 株式会社オージス総研は、スウェーデンPrimeKeySolutions AB(PrimeKey)と、日本初のパートナー契約を締結したと発表した。

 これにより、オージス総研が展開する、電子証明書発行ソリューション「ThemiStruct-CM」のコアソフトウェアとして、情報セキュリティ国際評価基準「Common Criteria」(CC)の保証レベル4+(EAL4+)認定を取得したエンタープライズ版と、開発元の認定サポートの提供が可能になるとしている。

 また、定額のサポートサービスを提供することで、従来のユーザ数による課金制を採用した商用システムの電子証明書発行と比較し、証明書1枚当たりのコストの削減が可能になるという。更に、オージス総研が提供する認証基盤ソリューション「ThemiStruct」シリーズと連携させることで、ID管理やシングルサインオンそして、モバイル機器など様々な環境や使途に応じてオープンソースの利点を活用した統合的な認証システムの構築ができるとしている。

 「ThemiStruct-CM」は、電子証明書を発行するソリューション。オープンソースを活用することで証明書発行自体を内製化し、PCの買い換えにともなう新規発行と年次更新の費用を半永久的に削除する。また、「ThemiStruct-CM」が発行する電子証明書を、社用スマートフォン及び社用端末に事前に導入することで、電子証明書を保持しない端末のネットワーク接続を拒否するため、優れたセキュリティが可能となる。

 オージス総研は、増加傾向にあるスマートデバイスの業務利用やBYODでのセキュリティ対策、またM to M(Machine to Machine)での採用など電子証明書が採用される場面は増加すると予想している。



  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

キーマンズネットの新着情報を、お届けします

新着製品レポート

ファイルの暗号化と閲覧停止 秘文 Data Protection 【日立ソリューションズ】 ネットワーク性能監視ツール導入事例集 セガホールディングス他 【アイビーシー】 ネットワーク性能監視への挑み方 予兆を瞬時に把握するために 【アイビーシー】 ハイパーコンバージドインフラとバックアップ 【arcserve Japan】 CMS「NOREN」 【のれん】
暗号化 ネットワーク管理 ネットワーク管理 バックアップツール CMS
ファイルの暗号化と社外に渡した後でも閲覧停止にできる機能で、情報の不正利用や拡散を防止。
流出の予兆を自動的に検知する機能やファイルの編集禁止機能も搭載。
ネットワーク性能監視ツール導入事例集――セガホールディングス、他 ネットワーク性能監視への挑み方――予兆をつかみ、瞬時に把握するために ハイパーコンバージド=バックアップ不要…は正しい?! 複雑な組織構造や承認フローなど、関係者が多い国内企業特有のWebサイト運用を支えるCMS。Web担当者が戦略立案と実行に注力できる効率的なWebサイト運用を実現。
このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20046934



このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ