NEC、SANストレージをNASに対応させられるオプションなどを出荷

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


NEC、SANストレージをNASに対応させられるオプションなどを出荷


掲載日:2013/05/20


News

 日本電気株式会社(NEC)は、SAN対応ストレージ「iStorage M」シリーズをNASにも対応させられるNASオプション製品「Nh4a」「Nh8a」の出荷を6月28日に、中堅企業向けのNAS製品「iStorage NS500Rd」の出荷を5月24日に開始する。

 「iStorage M」シリーズは、新オプション製品を利用してマルチプロトコルに対応することで、様々な種類のデータをまとめて格納でき、一元的な管理を行なえるユニファイドストレージとして使用できる。

 「Nh4a」「Nh8a」は、従来のSANでの利用に加え、NASオプションを追加することで、ブロックデータ/ファイルデータのアクセスプロトコルに対応し、様々な種類のデータをまとめて格納できる。また、仮想化環境で仮想サーバのOSブートとしてのSAN用途と、データ格納としてのNAS用途を1台に集約して管理でき、初期投資や運用管理コストの削減を図れる。

 クラスタ構成で、片方のノードに障害が発生した際には、別のノードに業務を移行し、システムを停止せずに継続運用を図れるほか、最大1PBの大容量データを格納でき、オンラインでのファイルシステムの拡張も行なえる。また、ファイルレベルの重複排除を行なうことでデータ容量の削減を図れるほか、スナップショットやレプリケーションを利用したバックアップ機能で、誤操作で消去したファイルの復元やIPネットワークを経由した災害対策を行なえる。また、「iStorage M」シリーズの最上位機「iStorage M700」を接続できる。

 「NS500Rd」は、中堅企業のファイルサーバ統合用途に適したモデルで、OSにWindows Storage Server 2012を搭載し、データ重複排除機能やクラスタリング(Windows Server Failover Cluster)などの機能を標準搭載している。効率的な運用や高可用性を図れるなど、中堅企業のファイルサーバ統合などの用途に適している。


出荷日・発売日 −−−
価格 お問い合せ下さい

「日本電気」関連の情報を、チョイスしてお届けします

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「ストレージ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20046928


IT・IT製品TOP > ストレージ > SAN > SANのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ