FSL、クラウド型校務支援サービスのアクセス認証機能を強化

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


FSL、クラウド型校務支援サービスのアクセス認証機能を強化


掲載日:2013/05/17


News

 富士電機ITソリューション株式会社(FSL)は、10〜30校程度の小中学校を有する中小規模自治体向けのクラウド型校務支援サービス「スマート職員室」のアクセス認証機能を強化し、提供を5月20日に開始する。

 「スマート職員室」では、1つのサーバ上で複数の自治体がシステムを共用する方式により、名簿情報の登録をベースにした出欠管理や、情報共有サービス(校内/情報ボード/お知らせ/連絡/予定)、成績サービス(成績管理)などの機能を安価に利用できる。月額料金制で、初期費用を抑えながら校務アプリケーションを利用でき、煩雑な管理も不要。

 今回の機能強化では、従来のパスワード認証に加え、専用の電子チケットで認証する方法を取り入れ、あらかじめ学校内でチケット設定を行なったPC端末のみでサービスを利用できるようになった。

 情報漏洩対策のための付加機能として、専用の電子チケットが組み込まれたUSBデバイスを利用することで、学校外のPC端末からもデータにアクセスできるシンクライアント機能が提供される。PC端末へのデータ保存や印刷を制限する仕組みにより、教職員の在宅作業ニーズにも対応できる。


出荷日・発売日 −−−
価格 −−−

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

◆関連記事を探す

「認証」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「認証」関連情報をランダムに表示しています。

「認証」関連の製品

新感覚2要素認証 Mamoru 【ISAO】 手間やコストを極力かけず、企業ITの認証環境を強化する 【エントラストジャパン】 若年顧客を呼び込んだ電子サインシステム「Adobe Sign」 【アドビ システムズ 株式会社】 新しい働き方を成功に導く、無線LAN環境に必要な“第3”の認証基盤とは何か 【日本ヒューレット・パッカード+他】 指ハイブリッド認証 【NEC】
認証 認証 認証 認証 認証
ユーザーに負担をかけずにセキュリティ強化――認証システムの「次世代型」とは サイバー攻撃の巧妙化、クラウド利用の拡大などによって、今まで以上に認証の重要度は増している。手間やコストを極力かけず、企業ITの認証環境を強化するための勘所とは? なぜ創業290年の老舗銀行は「顧客接点のデジタル化」に踏み切ったのか スマートデバイスを活用するためには社内の無線LAN化は必須だ。だが、ユーザーIDとパスワードだけの簡単な認証基盤ではセキュアな環境を構築できない。 「指紋」と「指静脈」を組み合わせた複合型認証技術。非接触型指ハイブリッドスキャナ、OSログイン用ソフトウェア、アプリケーション組み込み用ソフトウェアなどで構成。

「エンドポイントセキュリティ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20046910


IT・IT製品TOP > エンドポイントセキュリティ > 認証 > 認証のITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ