GSMAとi3forum、IPベース相互接続への開発イニシアティブを開始

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


GSMAとi3forum、IPベース相互接続への開発イニシアティブを開始


掲載日:2013/05/17


News

 英GSMAとi3forumは、音声トラフィックのためのライブ・コマーシャル・パイロット試験を行ない、IP eXchange(IPX)ベースの相互接続サービスの利用加速を目的とする開発イニシアティブを開始すると発表した。

 GSMAは世界の携帯電話事業者を代表する団体。i3forumは49社以上の通信事業者の協力を受け、業界におけるインターネット・プロトコル (IP)への音声及びその関連サービスの共同勧告に発展させることを目的としている。

 両団体は、IPXの利用でボイスオーバーLTE(VoLTE)といったIPベースの相互接続音声サービスにとっての今後の経路を形成することになるとし、現在のベストエフォート型IPインターワーキングに取って代わるサービスになると伝えている。

 両団体のすでに標準化したIPXは、エンド to エンドサービス品質を支援するグローバルでプライベート、安全なIPネットワークが提供されることになるとし、様々な通信事業者による競合ベースとはいえ、相互に合意した技術的仕様事項及び一貫性のある商用モデルの利用で提供されることになるとしている。

 また、開放性、品質重視、効率のよいマルチサービス接続型を提供するサービスエンド to エンドで管理するネットワークソリューションを提供するとし、このことは、関係者にとってIPXをビジネスとして、また、その技術的な利益が投資を少なく抑え、ビジネスチャンスにする手段となると伝えている。

 パイロット試験は相互接続音声サービスのIPX利用に必要な技術的かつ商業的な合意への道筋をつけることになるとし、このパイロット試験の最終結果はIPベース相互接続、あるいは、新たな音声サービスの相互接続としてのIPXを利用した音声トラフィックのマイグレーションであることから、VoLTEやRCSといった相互運用可能なコミュニケーションサービスの足がかりとなるとしている。

 またイニシアティブは通信事業者からIPXサービスを発展させ、IPXプロバイダにフットプリントを拡大させ、通信事業者と更に相互接続を確立させるだろうと伝えている。

 ドイツテレコム、フランステレコム、テレコム・イタリア、テレフォニカ、テリア・ソネラ、そしてボーダフォンなどの携帯電話及び固定電話の通信事業者はVoLTEのパイロットを2013年に実施する予定であるとしている。



関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

キーマンズネットの新着情報を、お届けします

新着製品レポート

IoTのハードルを飛び越えるには企画〜開発までどう進めるべきか 【ソフトバンク】 次世代データセンターの能力を決める6つの要件とは 【ネットアップ】 5つの原則に見る、次世代データセンターの姿とは 【ネットアップ】 インバウンドに最適ソリューション!観光ルート提案サービス 【駅探】 事例で検証! Office 365 はコミュニケーション活性化の切り札か 【大塚商会/日本マイクロソフト】
無線LAN データセンター運用 データセンター運用 その他開発関連 グループウェア
IoTのハードルを飛び越えるために、企画から開発までどう進めるべきか? 6つの要件から理解するストレージのQoS、次世代データセンターの能力を決める鍵 5つの原則に見る、従来型データセンターの課題と次世代データセンターの姿 インバウンドに最適ソリューション!観光ルート提案サービス 事例/ Office 365で変えていく。社内コミュニケーションの質と量
このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20046904



このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ