米Quark社、EMCのパートナープログラムへ参加

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


米Quark社、EMCのパートナープログラムへ参加


掲載日:2013/05/17


News

 米Quark社は、EMC Information Intelligence Solutionsパートナープログラムに参加したことを発表した。

 プログラムのメンバーとなることで、Quarkは顧客コミュニケーションとエンタープライズパブリッシングのためのソリューションを、「EMC Documentum」プラットフォームにシームレスに統合できるとしている。

 金融サービス業、製造業、政府機関などの幅広いユーザが、Quarkのエンタープライズソリューションと主要なコンテンツ管理システムを統合し利用できる。例えば、銀行業務と金融サービス業のユーザは、オーサリング向けの集中化したプラットフォームとして「EMC Documentum」と「Quark XML Author」を使い、国際的な小口金融に関連する様々なの文書を発行しているという。

 「Quark XML Author Documentum adapter」は、「EMC Documentum」の現バージョンである6.7と統合できる。また、コンポーネント管理機能、構造化されたオーサリングとコンテンツの再利用をサポートし、「Documentum WebTop」やxCPネイティブインターフェースからのドラッグ&ドロップに対応している。



  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

キーマンズネットの新着情報を、お届けします

新着製品レポート

「Skype for Business」活用の鍵、快適なユーザー体験を提供する方法は? 【ポリコムジャパン】 働き方改革を生産性向上につなげるには? 実践企業が語るテクノロジー活用法 【ヴイエムウェア株式会社】 データで動く組織の作り方、その第一歩は全社で使えるツール選定が肝に 【株式会社ジャストシステム】 クラウドインフラ管理が課題のSplunkは「Ansible Tower」導入でどう変わった? 【レッドハット】 AWS環境での開発スピードを劇的向上、事例で学ぶデプロイプロセス自動化の方法 【レッドハット】
テレビ会議/ビデオ会議 モバイル通信サービス BA 統合運用管理 統合運用管理
「Skype for Business」活用の鍵、快適なユーザー体験を提供する方法は? 働き方改革を生産性向上につなげるには? 実践企業が語るテクノロジー活用法 データで動く組織の作り方、その第一歩は全社で使えるツール選定が肝に クラウドインフラ管理が課題のSplunkは「Ansible Tower」導入でどう変わった? AWS環境での開発スピードを劇的向上、事例で学ぶデプロイプロセス自動化の方法
このページの先頭へ


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20046897



このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ