デジタル・ナレッジ、eラーニング統合プラットフォーム新版提供

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


デジタル・ナレッジ、eラーニング統合プラットフォーム新版提供


掲載日:2013/05/17


News

 株式会社デジタル・ナレッジは、eラーニング統合プラットフォームのLMS+LCMS「Knowledge Deliver5」をバージョンアップし、提供を開始した。

 今回のバージョンアップでは、導入時の受講者登録/学習コース割り当て/受講促進をサポートする“管理者サポートサービス”や、集合研修とネット研修を一元管理できる“集合研修機能”、テスト情報を取得して整形できる“多目的CSV出力機能”などが追加搭載されている。

 既に「Knowledge Deliver5」に搭載されている、eラーニング基本機能(FAQ閲覧機能/掲示板機能/質問BOX機能/音声教材受講機能/テスト問題受講機能)とあわせて使用することで、管理者の負担軽減を図れ、より効果的な企業研修の実現をサポートする。

 “管理者サポートサービス”では、受講者登録や学習コース割り当て、受講の促進などのサポート機能が追加搭載され、管理者の負担減とスムーズな導入をサポートする。1項目からでもサポートされる。“表示切替機能”(DCP)では、ログイン後のクリック回数削減が図られていて、TOP画面から直接学習内容に移動でき、学習内容を容易に把握できる。コースの検索機能も装備されているため、目的の内容をすぐに見つけられる。

 “集合研修機能”では、集合研修とネット研修(eラーニング機能)を連携させ、1つのLMSで一元管理できる。集合研修への申請/承認フローも標準実装していて、管理者は出欠席の管理も行なえる。また、“多目的CSV出力機能”では、LMS上で取得できるテストの情報を、ほぼすべてCSV情報として出力できる。テスト結果を出力し、必要に応じて整形する際に、素早く目的の情報を取得できる。“効果測定”も装備される予定で、研修内容の拡充を図れる。


出荷日・発売日 −−−
価格 −−−

「デジタル・ナレッジ」関連の情報を、チョイスしてお届けします

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「eラーニングシステム」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「eラーニングシステム」関連情報をランダムに表示しています。

「eラーニングシステム」関連の製品

SaaS型eラーニングシステム 「Platon お手軽スタートパック」 【ソフトバンク コマース&サービス】 eラーニング「楽々てすと君」 【ソフトバンク コマース&サービス】 プレゼン型コンテンツ作成ソフト STORM Maker 【ソフトバンク コマース&サービス】 THiNQ Maker 【ソフトバンク コマース&サービス】
eラーニングシステム eラーニングシステム eラーニングシステム eラーニングシステム
マルチデバイス対応のSaaS型eラーニングシステム「Platon」とコンテンツ作成ソフト「STORM Maker」、クイズ作成ソフト「THiNQ Maker」をスタートパックとして低価格で提供。 「簡単」「お手軽」「シンプル」なeラーニングシステム。ブログ感覚で簡単にコンテンツが作成でき、アンケートシステムとしても利用することが可能。 PowerPointファイルからマルチデバイス対応Webコンテンツを出力。高度な音声合成機能により、ナレーション付きコンテンツも手間やコストをかけずに作成可能。 簡単な操作でマルチデバイス対応のテスト/アンケート/クイズ・コンテンツを作成できるWindowsソフトウェア。出題や解答、解説には画像/音声/動画を利用可能。

「情報共有システム・コミュニケーションツール」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20046884


IT・IT製品TOP > 情報共有システム・コミュニケーションツール > eラーニングシステム > eラーニングシステムのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ