プラネックス、Draft 802.11ac対応の無線LAN製品4機種を発売

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


プラネックス、Draft 802.11ac対応の無線LAN製品4機種を発売


掲載日:2013/05/16


News

 プラネックスコミュニケーションズ株式会社(プラネックス)は、次世代の無線LAN規格“Draft IEEE 802.11ac”に対応した、無線LAN製品4機種を5月28日から順次発売する。価格はオープン価格。

 今回発売される製品は、いずれも11ac/n/a/g/bに対応していて、866+300Mbpsの無線LANルータ「MZK-1200DHP」、433+300Mbpsの無線LANルータ「MZK-750DHP」、866MbpsのUSB3.0対応無線LAN子機「GW-900D」、433MbpsのUSB2.0対応無線LAN子機「GW-450D」が用意されている。

 ルータは、5GHz帯で“11ac”に対応することで、従来規格のおよそ2倍の866Mbps(理論値)の高速通信を行なえるほか、新技術を採用し、速さに加え、より安定した通信を行なえる。Webブラウザを利用した設定画面が新設計/新開発され、より分かりやすく、直感的でグラフィカルなデザインで、必要な項目のみのシンプルな設定で利用できる。スマートフォンにも対応し、専用のWeb画面が用意されている。また、初期設定/Wi-Fi接続を簡単に行なえるアプリケーション「一発!」シリーズに対応し、iOS(iPhone/iPad)/Android/Mac/Windowsの4つのOSで利用できる。

 省電力を達成している上、ACアダプタが小型化されていて、設置場所を問わず利用できる。縦置き/横置き/壁掛けの3タイプに対応しているほか、コンパクトサイズで無理のない設置を行なえる。また、通信の高速化/安定化などを図るためのソフトウェア更新が自動化され、利用者が意識せずに、ルータ自体が常に最新のソフトウェアを管理する。

 子機は、コンパクト化を達成していて、ハイパフォーマンスモデルでは、866MHz(理論値)の高速通信を行なえる。子機もMac OSに対応する。


出荷日・発売日 −−−
価格 オープン価格

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「無線LAN」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「無線LAN」関連情報をランダムに表示しています。

「無線LAN」関連の製品

Wi-Fi徹底比較、高容量・高干渉環境下のテストで上位になった製品は? 【ブロケード コミュニケーションズ システムズ】 Wi-Fi導入で失敗するよくある「9つの誤解」 【ブロケード コミュニケーションズ システムズ】 山小屋にも快適な通信環境を――「富士山 Wi-Fi」実現の舞台裏 【KDDI】 実践から見えてきた、ワークスタイル変革に本当に必要なこと 【日立システムズ+他】 Ruckus Wireless Smart Wi-Fiソリューション 【ジェイズ・コミュニケーション】
無線LAN 無線LAN 無線LAN 無線LAN 無線LAN
Wi-Fi徹底比較、高容量・高干渉環境下のテストで上位になった製品は? Wi-Fi導入で失敗するよくある「9つの誤解」 山小屋にも快適な通信環境を――「富士山 Wi-Fi」実現の舞台裏 IT製品を買うだけで「ワークスタイル変革」が実現するのではない。しかし、働き方全体のデザインを考えると、おのずと必要なものが見えてくるという。その真意を取材した。 クライアント端末/パケットごとに電波の強度分布を変化させることで、常に最適な状態での通信を実現する無線LANソリューション。
簡易なサイトサーベイにて導入可能。

「ネットワーク機器」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20046846


IT・IT製品TOP > ネットワーク機器 > 無線LAN > 無線LANのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ