ビーコンIT、機能強化した高速エンタープライズETLの新版を出荷

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


ビーコンIT、機能強化した高速エンタープライズETLの新版を出荷


掲載日:2013/05/14


News

 株式会社ビーコン インフォメーション テクノロジー(ビーコンIT)は、エンタープライズETL(データ抽出、加工・変換、ロード)ツール「Waha!(ワッハー)Transformer」の新版「Ver4.2」の出荷を開始した。

 「Waha! Transformer」は、業務で利用される様々な形式のデータを必要な形式にプログラミング不要で変換できる国産ETLツール。今回の新版では、処理効率と運用効率の向上をテーマに、機能強化が行なわれている。

 ラージメモリやマルチコア搭載のCPU性能を最大限に活用するために、内部設計を改良し、マルチコア動作効率を改善して並列動作個所を拡大したほか、メモリ利用効率を改善してVLM(Very Large Memory)を有効に利用できるようになり、並列処理最大2.5倍、SQLDB洗い替え処理2〜10倍を達成したほか、10億件の動作検証も行ない、大量データ処理での信頼性と高速化を達成して、安定したビジネスとスピーディな意思決定を支援する。

 株式会社ビーエスピーのジョブ管理ツール「A-AUTO」のエンジンを内蔵することで、“ジョブスケジュール管理オプション”が装備された。業務スケジュール内蔵、休日シフト機能付きスケジュール、複数ファイル対応ファイルトリガー、添付ファイルを受け渡しできるメールトリガーなどの各種トリガーを装備し、運用を容易に自動化でき、1つのソフトウェアで“構築〜運用”までを統合し、ITに起因する負荷軽減を図れる。

 ビッグデータ活用のニーズや増大する情報に対応するため、Oracle Exadataからの読み込みを高速に行なえる新アダプタ「高速ネイティブアダプタ for Exadata」が提供される。Oracleネイティブ・インターフェース(OCI)を採用したことで、高速読み込みを行なえ、Ver4.2 ODBC接続に比べ、Oracle Exadataへのリモート接続時の読み込み速度が約1.6倍、ローカルOracleのアクセスは約2倍(ビーコンIT調べ)を達成し、更なる情報活用の促進を図れる。

 ERPと柔軟に連携でき、ERPに蓄積されたデータの情報活用を促進できる。ERPアダプタの機能が強化され、差分処理が装備されたことで、R/3の標準外部インターフェース“ABAP”の知識不要で、差分を利用したレコードの追加・更新・削除処理をプログラミング不要で行なえる。


出荷日・発売日 2013年5月13日 出荷
価格 −−−

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

◆関連記事を探す

「ETL」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「ETL」関連情報をランダムに表示しています。

「ETL」関連の製品

データ統合プラットフォーム Informatica PowerCenter 【インフォマティカ・ジャパン】 BusinessSPECTRE 【電通国際情報サービス】
ETL ETL
優れた拡張性と高パフォーマンスを兼ね備えたエンタープライズデータ統合ソリューション。あらゆるシステム上のデータを、形式を問わずにシームレスに統合する。 SAP ERPに格納された大量のデータを素早く抽出し、様々な用途に活用するためのデータ連携フレームワーク。会計・販売レポートや経営分析、他システム連携などに活用可能。

「データ分析」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20046798


IT・IT製品TOP > データ分析 > ETL > ETLのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ