富士通、短期に複雑化したアプリ構造の見える化図れる製品を出荷

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


富士通、短期に複雑化したアプリ構造の見える化図れる製品を出荷


掲載日:2013/05/14


News

 富士通株式会社は、ユーザが保有している業務アプリケーションの状態を把握し、適切な運用を支援するサービス「FUJITSU APMモダナイゼーションサービス for Cloud」で、アプリケーションの見える化技術を強化した「FUJITSU APMモダナイゼーションサービス for Cloud 業務・アプリケーション選別サービス」の出荷を開始した。価格は個別見積。

 「業務・アプリケーション選別サービス」では、同社と株式会社富士通研究所が開発したソフトウェア地図の作成技術を活用することで、複雑化したアプリケーションの状態を、地図のイメージで直感的に見える化できるため、アプリケーションが複雑に入り乱れ、保守性が悪くなっている部分などを俯瞰的に把握でき、現行システムの改善に利用できるほか、従来に比べ短期間・低コストで見える化を図れる。

 アプリケーションの構造を地図形式で俯瞰でき、機能の固まりや複雑な構造部分などを直感的に把握できるため、改善ポイントを明確化でき、アプリケーションの詳細な構造を把握していない経営者でも複雑さなどの全体構造を理解できるようになる。また、従来は約2ヵ月かかっていた見える化を、約1週間で行なえるほか、コストダウンも図れる。


出荷日・発売日 2013年5月13日 出荷
価格 個別見積

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「開発」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20046797


IT・IT製品TOP > 開発 > システムコンサルティング > システムコンサルティングのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ