DNP、発刊後も情報更新する新しいデジタル雑誌の実証実験を実施

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


DNP、発刊後も情報更新する新しいデジタル雑誌の実証実験を実施


掲載日:2013/05/14


News

 大日本印刷株式会社(DNP)は、映像や音声に加え、次号の発刊まで毎日情報を更新する機能などを付加した、新しい形のデジタル雑誌の効果的な見せ方や広告効果などを検証するための実証実験を開始すると発表した。

 今回の実験では、米国・ニューヨークを中心とした世界のビジネス、アート、ファッションなどの最新情報をストーリーとして紹介する隔週刊のデジタル雑誌“HEAPS(ヒープス)”を5月下旬に創刊する。創刊号から6号の発行までの約3ヵ月間、デジタル雑誌の特長を活かした見せ方や、音声や動画などのリッチコンテンツを活用した制作手法や配信の仕組みなどについて、検証していくという。

 具体的には、総合誌として男性誌と女性誌を1つのアプリで提供するとともに、隔週で発行する特集記事(Cover Story)をメインテーマとし、そこに表紙画像や特集関連情報、コラムなどの毎日更新するコンテンツを組み合わせて、次号の発行日まで新しい情報によって読者の興味を引き続けるデジタル雑誌ならではの仕組みを提供するとしている。

 また、創刊に先駆けて、5月10日に“HEAPS”のWebサイトを立ち上げ、創刊号の記事の一部や“HEAPS”のコンセプト映像が閲覧できる創刊準備号を配信すると伝えている。

 DNPは、印刷物と平行してデジタル雑誌を制作するサービスを2011年から提供しており、今回の実証実験で、出版社だけでなく、読者や広告主にとってより魅力的でクオリティが高いコンテンツを持つデジタル雑誌の制作を支援していくとしている。



  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

キーマンズネットの新着情報を、お届けします

新着製品レポート

実例:経営企画室長、グループウェア導入で組織風土を変える 【リスモン・ビジネス・ポータル】 EU「一般データ保護規則」(GDPR)対策の遅れを短期間で取り戻す方法 【Splunk Services Japan】 ビッグデータ活用ガイド:50種類以上のデータごとに活用事例を解説 【Splunk Services Japan】 企業が対応すべき「20のセキュリティコントロール」とは? 【Splunk Services Japan】 AIがいち早く異常を検知、内部対策を備えた多層防御の実力とは? 【日本テレマティーク】
グループウェア 統合ログ管理 ビッグデータ 統合ログ管理 フィルタリング
ツールの導入は簡単だが、定着して効果が出るかは別問題。グループウェア導入から約1年で組織風土を変革、離職率低減の成果を上げた企業は、何に取り組んだのかを取材した EU「一般データ保護規則」(GDPR)対策の遅れを短期間で取り戻す方法 ビッグデータ活用ガイド:50種類以上のデータごとに活用事例を解説 企業が対応すべき「20のセキュリティコントロール」とは? AIがいち早く異常を検知、内部対策を備えた多層防御の実力とは?
このページの先頭へ


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20046771



このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ