ネクス、農業ICT活用しきのこ栽培管理システムの共同開発を開始

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


ネクス、農業ICT活用しきのこ栽培管理システムの共同開発を開始


掲載日:2013/05/14


News

 株式会社ネクスは、同社の中核となるデバイス事業で培った通信技術ノウハウを活用し農業設備とテクノロジーを融合した農業ICTの商品化に向けて、きのこのSATO株式会社と共同で“第12回いわて農商工連携ファンド地域活性化支援事業”へ公募し、採択を受けて共同研究によるシステム開発を開始したことを発表した。

 “いわて農商工連携ファンド地域活性化支援事業”は、公益財団法人いわて産業振興センターが主催する支援事業の1つ。

 今回の共同開発の目標は、きのこのSATOによる新たなきのこハウスの拡充・操業開始に向けて、しいたけ・きくらげの高品質化とともに、作業の効率性や安全性向上のため、温度・湿度・二酸化炭素濃度などの環境条件のセンシング・制御とソフトウェアなど、ネクスの農業ICTを活用した“栽培管理システム”のモデルを構築することを通じて、農業基地化を目指す陸前高田市からの農業復興の発信を行なうことと伝えている。

 農業用ハウスによるきのこ(しいたけ・きくらげ)は、“高温”(特に、夏型きのこである、きくらげ)、“多湿”に加えて、きのこが排出する“二酸化炭素”の高濃度化などの環境条件のもとで栽培されている。現在は、温度計・湿度計のデータをもとにした、作業者の経験や勘頼みのハウス被膜材の開閉など“アナログ的”な管理を行なっている一方、二酸化炭素濃度は未測定であることから、作業中の“酸素欠乏症”の発生も懸念されているという。

 きのこのSATOは、更なる規模拡大を検討中であり、それにともない作業者の雇用拡大が必要となることから、しいたけ・きくらげの高品質化のためには、経験や勘に頼らないきのこハウス管理の体制整備の構築が必要であり、一方で、作業者の安全性確保が不可欠になるとしている。

 共同開発では、高品質きのこ栽培に向けて、きのこハウスの栽培管理を、経験と勘から“見える化”に転換することを目指すとともに、環境条件の把握と制御について、作業者の効率性向上と、作業時の安全性の向上に向けて、ICTを活用した“栽培管理システム”のモデル構築を目指すと伝えている。

 また、きのこハウスにおける実証と並行して、ネクスにおいて、他の野菜への展開可能性の検討を進めることで、需要の掘り起こしとニーズへの対応を目指すとしている。



関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

キーマンズネットの新着情報を、お届けします

新着製品レポート

未知の脅威からの被害を防ぐ、セキュリティの新コンセプト「SDSN」とは 【ジェイズ・コミュニケーション】 「秒速スタート」は当たり前、今日から始める次世代のWeb会議 【ロジクール+他】 「無停止型サーバ」導入事例、性能向上と運用保守工数の削減を両立するには? 【日本ストラタステクノロジー】 低コストでマルウェア感染を防ぐ――目視を組み合わせた標的型メール攻撃対策 【クオリティア】 標的型攻撃は“目視”で防御、サンドボックスで防げない攻撃にも強い理由とは? 【クオリティア】
ファイアウォール Web会議 サーバー仮想化 メールセキュリティ メールセキュリティ
未知の脅威からの被害を防ぐ、セキュリティの新コンセプト「SDSN」とは 国内外に複数の拠点を持つ企業なら欲しいWeb会議システム。しかし、導入しても使い方が複雑となると、せっかくの投資効果が台無しだ。どういう製品を選べばいいのか。 「無停止型サーバ」導入事例、性能向上と運用保守工数の削減を両立するには? 低コストでマルウェア感染を防ぐ――目視を組み合わせた標的型メール攻撃対策 標的型攻撃は“目視”で防御、サンドボックスで防げない攻撃にも強い理由とは?
このページの先頭へ


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20046770



このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ