事例:ワタミグループ、グループウェアにサイボウズを採用

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


事例:ワタミグループ、グループウェアにサイボウズを採用


掲載日:2013/05/10


News

 サイボウズ株式会社は、外食、介護、宅食、農業、マーチャンダイジング、環境などの事業を展開するワタミグループ(ワタミ)が、大規模向けグループウェア「サイボウズ ガルーン」(ガルーン)を3000名規模で全社導入し、本格稼動したことを発表した。

 ワタミでは、3月に国内外食が全国出店を達成、2011年度に海外外食事業で過去最大の20店舗出店、介護事業でも同じく18棟の新規開設、宅食事業も111拠点開設と急速な拡大を続けており、増え続ける企業内情報資産をいかに効率よく保管していくかが大きな課題となっていた。

 この課題を解決するために、ワタミでは、帳票の電子化を推進できるグループウェアを検討し「ガルーン」を採用した。これまでの課題解決のほか、“カスタマイズが不要”“多言語に対応し、追加料金やユーザ側での作業は必要ない”“誰にでも分かりやすい操作性”といった導入要件を全面的に満たしていた点が評価されたとしている。

 「ガルーン」導入することで、介護事業を含む社内の稟議案件の電子化を可能にし、決裁や情報伝達のスピードを向上したとしている。稟議の紙のやりとりについてもほぼなくなり2010年の開始前と比較して、目標の半分程度まで紙の削減を達成していると伝えている。

 また同製品は、本社と店舗間の情報共有の場としても活用されており、外食事業では、本部側から店長やスタッフへの社内通達、全店舗共通キャンペーンの伝達やヒアリングなど、様々な連絡・通知に活用されているという。例えば、外食営業部エリア責任者(地区長)が店舗巡回の際に気づいたことを伝える際には、撮影した写真をメッセージに添付しながら店舗社員とディスカッションを進めるなど、コミュニケーションツールとしても役立てているという。更に、グループトップからのメッセージが書かれた“グループ報”を各社社内報グループウェアの掲示板や、メッセージアプリケーション上に添付して送信するといった手法をとり、全社で経営理念を共有していると伝えている。

 今後は、店長など店舗の一部メンバーに付与しているアカウントを全スタッフに広め、全員がアカウントを持ち、スマートフォン/タブレット端末からも業務に取り組める環境づくりを目指す予定であるとしている。


出荷日・発売日 −−−
価格 −−−

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「グループウェア」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「グループウェア」関連情報をランダムに表示しています。

「グループウェア」関連の製品

複数グループウェア・SFA間のスケジュールを同期 「PIMSYNC」 【アプレッソ】 「サイボウズ Office 10」カスタムアプリ機能 【サイボウズ】 intra-mart Accel Platform 【NTTデータ イントラマート】 LINEの兄弟会社が開発したビジネス版LINE「Works Mobile」 【ワークスモバイルジャパン】 中堅・中小企業向けの統合グループウェア 「サイボウズ Office 10」 【サイボウズ】
グループウェア グループウェア グループウェア グループウェア グループウェア
複数のグループウェアやSFAのスケジュールやToDoを同期。同期項目やタイミングなども細かく設定でき、双方向の同期や、繰り返しスケジュールなど高度な同期にも対応する。 表計算ソフトなどで管理しているデータを、中堅・中小企業向けの統合グループウェア 「サイボウズ Office 10」上で、データベースとして活用できる機能。 JavaEEフレームワークをベースにワークフロー/ポータル/アクセスセキュリティ/モバイルなど業務コンポーネントを揃えたシステム共通基盤/PaaS。ハイブリッドクラウド対応。 仕事のやりとりで、「すぐに返事がもらえない」「うまく伝わらない」といったモヤモヤを感じたことはないだろうか? 「Works Mobile」がその解決策になるかもしれない。 45000社に選ばれた定番グループウェア。ユーザ権限や部署により使用機能を柔軟に設定したり、欲しい機能をスクラッチ開発せずに追加できるカスタムアプリも活用できる。

「情報共有システム・コミュニケーションツール」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20046714


IT・IT製品TOP > 情報共有システム・コミュニケーションツール > グループウェア > グループウェアのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ