採用:大林組、ワークスタイル変革に「Office 365」を導入

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


採用:大林組、ワークスタイル変革に「Office 365」を導入


掲載日:2013/05/10


News

 日本マイクロソフト株式会社は、株式会社大林組が、ワークスタイル変革の一環として、日本マイクロソフトのクラウドサービス「Office 365」を活用した情報基盤を導入すると発表した。

 同システムは、日本電気株式会社(NEC)が、「Office 365」の導入や、ID管理システム・人事システムなど既存システムとの連携機能の開発を行なっている。5月にメール機能から順次利用開始予定であり、大林組及び国内グループ会社の従業員など約1万5000人が利用する、大規模な「Office 365」活用事例になると伝えている。

 今回大林組が導入する情報基盤は、「Office 365」を活用し、メール、スケジュール管理、ファイル共有、Web会議などのコミュニケーション機能や情報共有(コラボレーション)機能を提供するもので、ICT環境やワークスタイルの変化への迅速かつ柔軟な対応を可能にすると伝えている。同社では、オフィスのPCに加えて、工事現場を中心に活用中の約3000台のタブレット端末でもこれらの機能を利用し、生産性向上に繋げていく予定であるという。

 NECと日本マイクロソフトは2012年4月から、大企業向けにクラウド事業での戦略協業の具体的な取り組みとして、両社の製品・技術の組み合わせによるワークスタイル変革を可能にする“コミュニケーション・コラボレーションソリューション”の共同開発及び拡販を行なっており、今回の大林組へのシステム提供は、その成果の1つであるとしている。両社は今後も同ソリューションをクラウド型、SI構築型など、幅広い形態で提供していくと伝えている。


出荷日・発売日 −−−
価格 −−−

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

◆関連記事を探す

「グループウェア」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「グループウェア」関連情報をランダムに表示しています。

「グループウェア」関連の製品

識者に生産性を向上させる「Office 365」の利用のコツを聞いた。 【ヴイエムウェア株式会社】 グループウェア「desknet's NEO(デスクネッツ ネオ)」 【ネオジャパン】 元セキュリティ技術者の弁護士がチャットに求めた厳しい条件 【KDDI】 intra-mart Accel Platform 【NTTデータ イントラマート】 サイボウズ ガルーン 4 【サイボウズ】
グループウェア グループウェア グループウェア グループウェア グループウェア
「Office 365」で何が変わる?クラウド化したアプリのメリット HTML5採用で、わかりやすく見やすいインターフェースを実現したグループウェア。全25の豊富なアプリケーションに加え、扱いやすいユーザ/組織管理機能、国際化対応も実装。 セキュリティのプロが認めたIMツール、その厳しい導入条件とは? JavaEEフレームワークをベースにワークフロー/ポータル/アクセスセキュリティ/モバイルなど業務コンポーネントを揃えたシステム共通基盤/PaaS。ハイブリッドクラウド対応。 サイボウズが得意とする使い勝手と数万名規模で安定して稼働する信頼性、きめ細やかな管理機能を兼ね備えた大規模向けグループウェア。最新版ではモバイル活用ニーズに対応

「情報共有システム・コミュニケーションツール」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20046711


IT・IT製品TOP > 情報共有システム・コミュニケーションツール > グループウェア > グループウェアのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ